スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きてるって言ってみろ



友川カズキ:ウィキペディア転載
友川 かずき(ともかわ かずき、1950年2月16日 - )は、日本の歌手、競輪評論家、画家である。本名:及位 典司(のぞき てんじ)。2004年に友川カズキと表記を改めている。
中学生時代に中原中也に出会い詩を書き始める。1年間、浪人生活をおくったのち、秋田県立能代工業高等学校建築科に進学。バスケットボールの練習に明け暮れた。
二十歳のころ、行きつけの赤提灯で岡林信康の歌を聴いてフォークシンガーを志す。1974年3月「上京の状況」でデビュー。
高校時代や一時故郷にいた頃のエピソードは、能代工業時代の恩師である加藤廣志著の『高さへの挑戦』に詳しく描かれている。中学校時代の小野秀二を鍛えたのは友川だった。
大島渚から『戦場のメリークリスマス』のヨノイ大尉役をオファーされていたが、秋田訛りを直すことを求められたために固辞。坂本龍一が演じることになった。
中上健次は友人であり、友川の絵を高く評価していた。
現在は渋谷アピア40をホームに、ライブ活動を行っている。ただし、平日のライブでは冒頭に「どうも今日はやる気がおこらない」などとこぼすことがある。

<筆者評>
ともかく聞いてみてください!!
秋田訛りのせいか、歌詞が聞き取りにくい部分もありますがそこがまた彼の魅力を引き出しています。

生活のため懸命に働いてきた若い時代に聞いた時よりも、少々時間に余裕が出来てきた現在の方が心に突き刺さる一曲で、もう少し頑張ってみるかと考えさせる一曲です。

<よろしければポチポチポチっと応援を>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

帰ってこい


1977 山崎ハコ ファーストライブより

山崎ハコ:ウィキベディア転載
山崎 ハコ (やまさき はこ、1957年5月18日 - ) は、大分県日田市出身の歌手、シンガーソングライター、女優、文筆家。ハブ・マーシー所属。
本名、安田 初子(やすだ はつこ、旧姓・山崎)。
大分県日田市出身、父親の仕事の関係で、中学卒業を待ち祖母と暮らす。卒業後、両親の待つ横浜へ。横浜学園高等学校在学中、コンテストに出場がきっかけで1975年にアルバム『飛・び・ま・す』で歌手デビュー。150センチあるかないかの小柄で痩せた体躯からは想像もできないパワフルな声量・表現力を誇る歌唱と、暗く鋭く愛から社会を抉る歌詞で、デビュー当時、中島みゆきのライバルと言われた。1975年12月、TBSホールの『パック祭り』に出演。大反響となり、TBS『パックインミュージック』を中心に、“深夜放送のマドンナ”と言われ始める。1979年4月~80年3月 ニッポン放送『オールナイトニッポン』火曜日のDJを担当。その後もリリースやコンサート活動を続け、女性フォークシンガーとして活躍する一方で、エッセイの執筆、演劇出演など多彩な活動を行う。現在も全国のライブハウスを渡り歩くなど、精力的に活動している。

<筆者評>
若い頃から名前だけは知っていたのですが、最近ユーチューブ上にアップされた作品を見つけて圧倒されました。表現力豊かな歌唱力にも感動しますが、当時二十歳そこそこの娘がよくこんな歌詞を書けたものだと驚きます。
「帰ってこい、帰ってこい 昔の俺」
もう帰ってこない事が判っているからこそ余計に胸にしみる言葉です。

<よろしければポチポチポチっと応援を>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

A SONG FOR YOU


A SONG FOR YOU - Leon Russell & Friends (1971)

レオン・ラッセル(Leon Russell) : ウィキペディア転載
レオン・ラッセル(Leon Russell、本名Claude Russell Bridges、1942年4月2日~)はアメリカのシンガーソングライター、ミュージシャン。

オクラホマ州出身。十代の頃からキーボーディストとして活動を始め、同郷のデヴィッド・ゲイツ(後のブレッドのメンバー)等とバンドを組む。以降ジェリー・リー・ルイス、ローリング・ストーンズら多くのアーティスト、フィル・スペクターのプロデュース作品のレコーディングに参加している。意外な所では、ザ・ベンチャーズのレコーディングの参加が知られている。「十番街の殺人」のサックスソロ(サックス音をレズリースピーカーから出す)、「朝日のあたる家」等で聴く事が出来るオルガンソロは、彼が弾いたものである。後にザ・ベンチャーズ(ロックの殿堂入り)のリードギタリスト、ノーキー・エドワーズがソロアルバム「Nokie!」をリリースした際にはライナーノーツを執筆、ノーキーやベンチャーズの音楽性の素晴らしさを力説している。

ソロ・アーティストとしては1968年から現在に至るまで数多くのアルバムを発表、ルーツ・ミュージックの色が濃い泥臭い音楽性は高い評価を受けている。それは、アメリカ南部出身のミュージシャンによって、ロサンゼルスで爆発した。ラッセルのロック・ミュージックはロサンゼルス産でありながら、”スワンプ・ロック”という呼称が与えられ、彼こそが、スワンプ・ロックのカリスマであった。彼の代表曲である『ソング・フォー・ユー』は1970年の作で、レイ・チャールズ、カーペンターズなどにカバーされた。この頃、スワンプ・ロックは、エリック・クラプトンにも大きな影響を与え、アルバムに参加したばかりではなく、彼のバンドから、ベースのカール・レイドルやドラムのジェイミー・オルティカー、その他、ディック・シムズ、マーシー・レヴィを引き抜いている。1979年の日本公演でアルバム化されたクラプトンの「ジャスト・ワン・ナイト」では、ラッセルの代表作『ソング・フォー・ユー』のピアノの降下音の完全コピーで演奏を開始して、その音楽的起源を披露している。他にも『タイト・ロープ』、『スーパースター』、『マスカレード』など、カバーされた作品は多い。

<筆者評>

とにかく筆者お気に入りの一曲です。カラオケで歌う十八番でもあります。
日本ではポップにアレンジされたカーペンターズのカバーの方が有名かも知れません。
そういえばあの頃 レイバン のサングラスがはやっていましたね~。私もかっこつけて吉祥寺のデパートで購入しましたよ。当時で2万5千円位した記憶がありますが考えてみると現在の貨幣価値からするとかなり高額な買い物だったのですね。但し40年経った今も使える形で家のどこかで眠っています。
年月を経ても良い物は良いですね!


<よろしければポチポチポチっと応援を>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

裏窓


浅川マキ : ウィキペディア転載
石川県石川郡美川町(現:白山市)出身。石川県立金沢二水高等学校卒業。町役場で国民年金窓口係の職に就くも程なくして上京する。マヘリア・ジャクソンやビリー・ホリデイのようなスタイルを指向し、米軍キャンプやキャバレーなどで歌手として活動を始める。
1967年にビクターからEP「東京挽歌/アーメン・ジロー」を発表するも本人と事務所の音楽的指針に大きな乖離があり、当時の出来事がその後の活動に影響を与えた。
1968年、寺山修司に見出され新宿のアンダー・グラウンド・シアター「蠍座」で初のワンマン公演を三日間に渡り催行、口コミで徐々に知名度が上がる。やがて東芝音楽工業株式会社(現:EMIミュージック・ジャパン)に移籍、1969年7月1日、EXPRESS-レーベルより「夜が明けたら/かもめ」で正式にレコード・デビュー。以後移籍することなく1998年まで作品を発表しつつステージを主体に音楽活動を行う。特に池袋「文芸坐ル・ピリエ」で1997年まで催行した大晦日連続定期公演は有名である。
CDの音質に対して懐疑的であったため、1998年より新譜を発表していないが、2000年以降はジャズ・クラブ「新宿 PIT INN」を本拠地として定期公演を再開。2000年3月26日から11月26日の「新宿PIT INN」では、『毎月・最終の日曜日 浅川マキを聴く』と題し、アカペラによる公演を行った(全9日、昼夜2回。計18公演)。
「渇いたブルースをうたわせたら右に出る者はいない」と言われ、ジャズ、ブルースやフォークソングを独自の解釈で歌唱した。
2010年1月17日、ライブ公演で愛知県名古屋市に滞在中、宿泊先ホテルで倒れていたところを発見され、搬送された病院で死亡が確認された。67歳没。愛知県警中警察署によると、死因は急性心不全とみられる。
2010年3月4日、「新宿PIT INN」にてお別れの会『浅川マキ「こんな風に過ぎて行くのなら・浅川マキがサヨナラを云う日」』が催行された。ここでは真赤なバラの花の献花台とメッセージ・ボックスが用意され、彼女の生前の作品が流された。

<筆者評>
作詩:寺山修司、曲:浅川マキの「裏窓」は数ある作品の中でも特にお気に入りです。若い頃からライブには良く顔を出し近年は遠ざかっていましたが、一昨年の訃報を知り聞きなおしてみると彼女の独特な感性に引き込まれます。解説にもありますように彼女のノンビブラートの乾いたブルースは時の流れを超え筆者の心をかきむしります。
2曲目です。

<よろしければポチポチポチっと応援を>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

サマータイム(Summertime)



ジャニス・ジョプリン: ウィキペディア転載
ジャニス・リン・ジョプリン(Janis Lyn Joplin、1943年1月19日~1970年10月4日)は、アメリカ合衆国テキサス州ポートアーサー出身の女性ロックシンガー。魂のこもった圧倒的な歌唱力と特徴のある歌声により、1960年代を代表する歌手として活躍。また、死してなおロックの歴史を代表するシンガーとして、今日に至るまで人気を博している。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第28位[1]。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第46位。
-以下略-

「サマータイム」(Summertime)は、ジョージ・ガーシュウィンが1935年のオペラ『ポーギーとベス』のために作曲したアリア。作詞はデュポーズ・ヘイワード (DuBose Heyward)。現在ではジャズのスタンダード・ナンバーとして知られ、ポップス、ロックなど幅広いジャンルでも歌われている。

<筆者評>

毎年暑くなってくると思いだされるのがこの曲です。ジャニス・ジョプリンが歌ってから数々の歌手やジャズミュージシャンが取り上げ今ではジャズスタンダードナンバーとして広く愛されているようです。

若い時分にジャニスを初めて聞いた時の衝撃は今でも忘れませんし、もちろん今聞いても新鮮です。

<よろしければポチポチポチっと応援を>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

RFD-Lab管理人

Author:RFD-Lab管理人
―――――――――――――
通信機器の高周波回路・部品の研究開発に携わって来た技術屋のブログです。現在は個人経営の技術コンサルタントを営んでおります。
​―――――――――――――
最近「ドローン」の無線応用技術についてスタディーを始めました。自動配達の為の自律飛行を補助する衝突防止レーダ等、興味深い分野です。
―――――――――――――
​「ドローン」墜落事故が散見される中、現在は「航空法」に依って規制され、ラジコンによる「目視飛行」が許可されている様ですが、安全飛行の為には無線通信の確保が大前提となります。
―――――――――――――
またRFD-Labホームページに掲載した技術解説記事のPDF抜粋も併せて掲載しますのでご興味のある皆さんは参照して下さい。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者(2012年2月15日から)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。