スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一事が万事

歩道すらまともに整備できない建設大国
2013/02/08 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 引用

韓国で道を歩いていると、歩道ブロックが崩れている様子をしばしば目にすることがある。国土海洋部(省に相当)の調査では建設業の競争力が世界7位の国が歩道ブロックすらまともに整備できず、工事のやり直しを行うという状況が数十年間続いてきた。設置された歩道ブロックは高さがばらばらだ。欧州では中世時代の石畳が今でもきれいに残っており、日本では雨が降っても水たまりができないほどすき間なく工事を行うが、韓国の歩道ブロックは使い捨て扱いだ。

朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長は2011年、就任式で「異常がない歩道ブロックは交換しない。不必要な予算は削減する」と述べ、歩道ブロックとの「戦争」を宣言した。昨年には「歩道ブロック10対策」を定め、手抜き工事を行った施工業者には即刻発注を取りやめる制度を導入した。

ソウル市はこのほど、さらに踏み込んで、2015年までに歩道ブロック工事の回数を現在より30%減らすことを決めた。工事許容期間も1年のうち半年に制限する計画だ。今後は歩道ブロック工事は4-6月、9-11月しか行えなくなる。ソウル市はさまざまな工事で歩道を掘り返すことがないように工事日程を統合管理する方針を固めたほか、歩道を破損した当事者が工事費を負担する条例の制定も検討している。5月には歩道ブロックの品質、施工法の向上を目指した「ソウル歩道ブロックエキスポ」を開催する予定だ。

李衛栽(イ・ウィジェ)記者


<筆者所感>

筆者も韓国出張の際に常々感じていて何時か記事にしようと考えていた。記事にもある様に韓国内の歩道ブロック工事は本当に手抜き工事である。建築土木に関しては素人であるが、日本や欧州のそれと比較すると耐久年数にして百~千倍以上劣ると感じる。

S電子お膝元の水原市も都市開発が盛んで、徒歩で通勤する際にも歩道の舗装工事が頻繁に行われていた。注意深く見ていると歩道の舗装材料は基本的に赤レンガブロックで、一度整地した後に砂を敷き詰めその上にレンガブロックを数ミリメートルの間隔で敷き詰めて行く。敷き詰め終わった後で一面に再度砂を捲き先ほどのブロックとブロックの間に砂を充填して完成する様だ。これはこれで多分舗装し終わった後に雨等で歩道に水たまりが出来ない様な、つまり水はけを良くする工法なのであろう。

しかし工事終了後の整備された平らな赤レンガ舗装の歩道は数か月と持たず、その後は其々のレンガが四方八方に曲がった凸凹した歩き難い歩道と化してしまう。歩道と歩道の間は所謂バリアフリーにはなっていない事も相まって、とても車椅子の身体が不自由な人たちが移動出来る場所ではなくなる。また一つのブロックが何らかの理由で欠落すると、連鎖反応で周辺のブロックも倒壊、剥がれ落ち大きな穴まで空く始末である。

原因を考察してみると、やはり旧態然としたヤンバン(貴族階級)を頂点とした職業の貴賎意識が現在も色濃く残る韓国儒教社会の影響が最も強いのだろう。昔の韓国社会では技術者も含めて所謂手や技術の蓄積を使って物を造る職人は一番賤しいとされていたらしい。従って職人の仕事に手間賃以外の価値、例えば品質とか希少価値などを評価しない社会と言える。

ブロック職人も社会から認められない自分の仕事に対する品質よりも、如何に受注工事に手を抜いて儲けるかを考えれば、当然基礎工事の手抜き、ブロック間隔を広げての材料節約、平坦度を気にしないスピード工事に走るわけで、数か月後に穴が空けばもう一度仕事の機会が増えてラッキーだ位の感覚であろう。

翻って日本を見ると、江戸時代から面々と引き継がれる所謂職人文化が現在でも生きている。また「手に職」と言う言葉にも代表される様にその様な職人の技術が社会から認められているとも言える。建築・土木業界について言えば、例えばビルを建設する際の鉄筋工・型枠工・鳶職等の職人の技術ノウハウが完成後の建物の品質(耐震性等)に大きく影響するのは間違い無いし、また彼らも建物の基礎工事部分の品質に大きな自信と誇りを持っているに違いない。

記事タイトルに建設大国と言う表現があるが、「一事が万事」である。歩道の舗装もまともに出来ない韓国建設業界など恐れるに足りない。韓国建設会社が建設したパラオのKBブリッジ崩落事件や、都市伝説かもしれないがマレーシア、クアラルンプールのペトロナスタワー(ツインタワー)のS建設担当タワーが傾斜している件などを見聞きするにつけ、日本の建築技術の品質と工事担当職人の職人魂に敬服すると共に、まだまだ行けるぞ日本を再認識する筆者なのである。

<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
スポンサーサイト

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

第33話:韓国ホテル事情

昨年もF1グランプリが韓国のモッポの近くで開催された。前回で3回目の開催でレースは順調に終了したようであるが、いかにしてもF1人気が韓国国内では低調で、金曜日の予選走行から観客が満員なる鈴鹿の日本グランプリに比較し決勝走行でも観客席が埋まらないと主催者は嘆いている。

業績好調な現代やキア等の韓国自動車業界であるが、金喰い虫のF1サーカスを韓国の自尊心で誘致したものの、毎年赤字続きであると聞く。元々スポーツ、特に対日戦だけ闘志を燃やし熱狂する歪んだ民族には純粋なチーム戦であるF1レースなど興味が無いらしく、韓国国内のスポンサー探しも低調なようだ。

さて報道によるとサーキットそのものも急こしらえで、普段余り使っていないせいもあり路面状況等も芳しくないようだが、レース関係者が泊まるホテル等の宿泊施設も著しく不足していると報道されている。周辺には一般的な旅行者用のホテルは少なく、いわゆるラブホテルの類に泊まる場合が多いそうだ。

そんな理由もあり、韓国GP直前の開催地である日本の鈴鹿近辺で、ぎりぎりまで日本で宿泊し開催期間だけ韓国に渡り、終わるとまた日本にとんぼ返りする関係者も多い事からみると日本でのホテル生活事情がよほど韓国に比較し快適なのだろうと推察される。中国国慶節の大型連休で渡韓した観光客がホテル不足問題であちこちでクレームを付けた話も記憶に新しい。

元々日本と比較すると出張者や小旅行者が宿泊できるいわゆるビジネスホテルの様なホテルが韓国内には非常に少ない。筆者もS電子のお膝元である水原市に何度となく出張で出向いたが何時もホテル探しで苦労した経験がある。現地スタッフにも色々紹介してもらうのだが大概決まった様に所謂ラブホテルである。その代わり料金は安く一泊3000円程度であり、毎日荷物を持ち出してチェックアウトする条件なら500円割引などというホテルもあったが、連泊する場合夜帰ってみると何だか昼間使われた様な気配がする事もあり、とても荷物やPC等の貴重品を部屋に置いておける雰囲気ではない。

もっとも地理的に便利でリーズナブルな料金で小綺麗なラブホテルは日本研究所の中でもすぐに評判になり、連日の様に日本人出張者が利用するようになると、朝食の無料サービスを始めたり、フロントにバイリンガル人材を配置したりで結構ビジネスホテル化したホテルもあった。ただし出張者が出かけた昼間その手の客に使わせているかは定かではないし、青いブラックライト状の照明の部屋に一週間一人で滞在したら心までブルーになってしまったと言う、笑って良いのか悪いのか判らない研究員の話も出てくる始末であった。

ところで韓国特有の事情かも知れないのだが、ラブホテルのオーナーが頻繁に変わる事も多いようだ。多分投資目的でオーナーになるのだろうが、ホテルマンとしての資質のないオーナーは利用客にとってははなはだ迷惑な話である。

S電子日本研究所時代に他の研究室員が経験した話だが、宿泊先のラブホテルで就寝中、夜中に従業員にたたき起こされ「このホテルはオーナーが変わったので今すぐ支払いをすませて出ていけ!」と追い出され難儀したという。元のオーナーが借金の片にでも取られたのだろうが、これも笑える様で笑えない話である。

<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

核心技術の門外不出化を!

「技術ガラパゴス」自ら招く日本
2013年02月01日13時30分
[中央日報日本語版 引用]

先月30日、日本、東京ビックサイト展示場で幕を上げた「ナノテク2013」。この展示会は2001年当時、米国ビル・クリントン大統領がナノ技術に集中投資するという計画を明らかにするとすぐに日本が部品・素材領域で主導権を失わないために2002年素早く開催した展示会だ。今年で12回目をむかえるナノテク展示会に今年も1300余社が参加して約6万人が入場するなど世界最大規模を誇る。

しかし開幕日に合わせてナノテク2013現場を訪問した記者の目に名声を疑うような大きな課題が多数目についた。23カ国から266社が参加するグローバル展示会なのにかかわらず、案内文や資料などが日本語中心で提供された。時々ハングルや英語が日本語の下に併記されている部分もあったが、「受付(チョプス)」が「点数(チョムス)」で誤記されるなど、誠意のない跡がより一層眉をひそめるようにした。特に日本企業のブースで英語になった資料をみつけることは非常に難しかった。また「説明員」という名札をつけたブース関係者たちの英語の実力もまた立派なものではなく、ナノ強国に選ばれる日本の技術水準を容易に察するのは難しかった。

ナノはもちろん電子・自動車など主力産業の技術力は依然として世界トップを走っているが、技術公開はもちろん交流さえ敬遠する日本産業界の独特の排他性をまた再び節減できる現場だった。

グローバル競争時代でこのごろ浮び上がる話題が「オープンイノベーション(Open innovation)」だ。自分たちに足りなかったり、革新が必要な領域があれば相手が大学でも企業でも、自国・外国人を区別しないで協業してアウトソーシングするのがトレンドとして固まっている時代だ。

今回のナノテク2013に参加した韓国企業らは自他関係なく協業するパートナーを探すために一日中熱心に歩き回った。「オープンイノベーション」にはるかに積極的な韓国が展示会ですら自分たちの先端技術をがっちりと隠しそうな日本を遠からず追いつくことができるという確信が大きくなった。

<筆者所感>
記者の論点がさっぱり判らない。ガラパゴス化とは日本国内のみに通用する技術で、例えば携帯電話システムの様なインフラ絡まりの技術に対しての呼称であろう。ナノテク等の基礎技術に関しては日本国内のみで通用する技術ではあり得ずむしろ世界をリードする技術となる。

元新日鉄の技術者が低温加熱方向性電磁鋼板製造技術を韓国のポスコに流出させポスコに多大な利益をもたらした(新日鉄に損害を与えた)と言うニュースは記憶に新しいが、将来の日本を支える基礎技術に関してはむしろ門外不出位の覚悟が日本の各研究機関や企業にとっても必要となって来たのであろう。

「過去の援助に感謝する」と言う通念を持たない官民ともに民度の低い韓国・中国に対しては充分にガードを固める必要がある。特に韓国人の言うベンチマーキングやアウトソーシングと言う言葉は、技術を開示させ模倣すると言う事と同義語だと肝に銘じる必要がある。

展示会ではなかなか技術の核心を見せない日本企業と、外国人来訪者に不親切な説明にいら立った記者の腹立ち紛れの記事であろうが、筆者はこれが正解かなと思うのである。記者は排他性と言うが、これは多分韓国・中国に対してである。百歩譲って技術をオープンするにしても、それは工業所有権をキッチリ押さえた後であろう。最も中国では工業所有権の概念すらなく、また韓国では国を代表する様な企業が特許紛争になっても判決が確定するまでにひと稼ぎしてしまえば良いと言う有様だ。

昨年末、iPS細胞の開発でノーベル医学・生理学賞を受賞した山中京都大教授は受賞決定時の記者会見で「私は無名の研究者だった。国に支えていただかなければ受賞はできなかった。日本という国が受賞した」と語ったという記事を見るにつけ、誠に日本の科学者・技術者の鑑にすべき言動だと感心するのである。

<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争
ジャンル : 政治・経済

第32話:韓国飲酒文化

S電子日本研究所勤務時代の話しである。いつもの様に日本研究所の親団体である韓国研究所との技術ミーティングを済ませた筆者は、金浦空港を早朝出発する便で羽田に降り立った。慣れた韓国出張とはいえ、羽田空港に降り立つとなぜかホッとするものである。

入国審査に向かって歩いていると、「Hさん!(筆者)」と呼びとめる者がいる。振り返ると日本研究所で総務系の仕事をしているS部長である。彼は40代になったばかりの韓国人駐在員である。日本の歴史物の小説等を愛読しているなかなかの日本通で、温厚な性格もともあって日本人研究員たちとも上手くやっていた。

ところがやあやあと近づいてきた彼に筆者は顔をしかめたのだった。酒臭い ! 全く二日酔いと言うレベルでは無く完全に酔っている様だ。ピンときた筆者は「プッチャンドンからカンナムコースですか?」と尋ねると、全くその通りだと言う。

筆者も何回か訪問した事が在るのだが、ソウルの中心街の市庁の近辺にS電子の本社ビルが在り、その大通りの辻向かい辺りがプッチャンドン(北倉洞)と言って特に会社員の男性たちに良く知られている場所らしい。別の駐在員からも良く聞かされていて、S電子の本社の連中も時折つれだって通りを渡って繰り出すらしい。彼らが好むのはいわゆるビジネスルームと言って高級版のピンクサロンの様な場所で、日ごろ上司である役員連中から叱責され溜まりに溜まったストレスを爆発させる場所らしい。貸し切りのビジネスルームの中ではなにやら筆舌に尽くしがたい酒池肉林のバカ騒ぎが繰り広げられるそうである。

S部長も同期の友人達の集まりに参加し、一次会・二次会と夜を徹してプッチャンドンからカンナムに流れ飲み明かしその勢いで金浦から羽田と帰って来たのだろう。彼の酒臭さとよれよれの服装をを見れば一目瞭然であった。

それにしてもS電子社員もそうだが押し並べて韓国の会社人間の飲み会は徹底している。下戸の筆者も何度か付き合った事があるが、一時会の食事会から二次会・三次会とまるで予め計画していた様に続いて行き、最後はお決まりの様に破廉恥コースまで行くようだ。

日本でもそんな話は良く聞くが大概は一人か又は少人数での秘め事で、韓国の人々の様に会社同僚一族郎党大人数で繰り出すのは聞いた事が無い。途中で脱落して良いのは急性アルコール中毒で行動不能に陥った社員のみで、大概皆最後まで付き合う。何だか最後まで付き合わないと御一党様から村八分にされ今後の業務活動に支障がでる様な村社会の匂までしてくるのである。反面この様な良くも悪くも「団結力」が今日の韓国大企業の発展に大いに寄与しているのかも知れない。

ところで最近の韓国紙面を見るとS電子をはじめとし韓国社会でこの様な飲酒文化の撲滅キャンペーンを始めた様だ。グローバル企業として海外から見れば醜悪と映るこの様な飲酒文化や売春文化を一掃する意図だと思うが、社会に染みついた文化が一朝一夕に変る事は難しいと思う筆者はキャンペーンの成果に注目しているのである。

<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

RFD-Lab管理人

Author:RFD-Lab管理人
―――――――――――――
通信機器の高周波回路・部品の研究開発に携わって来た技術屋のブログです。現在は個人経営の技術コンサルタントを営んでおります。
​―――――――――――――
最近「ドローン」の無線応用技術についてスタディーを始めました。自動配達の為の自律飛行を補助する衝突防止レーダ等、興味深い分野です。
―――――――――――――
​「ドローン」墜落事故が散見される中、現在は「航空法」に依って規制され、ラジコンによる「目視飛行」が許可されている様ですが、安全飛行の為には無線通信の確保が大前提となります。
―――――――――――――
またRFD-Labホームページに掲載した技術解説記事のPDF抜粋も併せて掲載しますのでご興味のある皆さんは参照して下さい。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者(2012年2月15日から)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。