スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Man Comes Around



<筆者評>
カントリーミュージックの大御所ジョニー・キャッシュの一曲です。歌詞は「黙示録」からの引用が多いらしく難解ですが筆者のお気に入りの一曲です。

<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

第35話:韓国タクシー事情

時折韓国のWEB新聞等で韓国の観光庁のような部署が海外観光客を狙って運賃をボッタくる問題について警鐘を鳴らしている記事を見かける。

韓国語が不自由な日本人観光客や、他の海外観光客に対して通常料金の数倍から十倍の料金を要求し、払わないと客を車内に閉じ込め脅迫し払うまで監禁すると言う犯罪である。観光客は言葉も通じない異邦で途方に暮れ、泣く泣く支払うのだろうが、憤慨し二度と韓国の地を訪れる事は無くなると言うことである。

近年はインターネット媒体の発達によりこの様な不快な情報は、旅行者が帰国するとすぐさまアップされ、結局韓国観光への悪評が立ち日本人マインドが消極的になるのは言うまでもない。

韓国には「模範タクシー」と「一般タクシー」の二種類があり「模範タクシー」の料金は「一般タクシー」の1.5倍程である。恐らく「模範タクシー」とは料金を高く設定し運転手の生活を保障する代わりにいわゆる「雲助」行為を減らす苦肉の策なのだろう。その為許認可も「一般タクシー」よりも厳しく設定されていると推察される。

翻って考えれば「一般タクシー」運転手はボッタくらないと生活していけないと言う事になり、金にうるさい韓国自国民を相手にするよりは、安易にボッタくれる海外観光客が狙われやすいのだろう。

さて筆者がS電子子会社のS電機での技術打ち合わせに単身出張した時の出来事である。S電機での用事を午前中に済ませ、午後は郊外にあるS電子研究所でのミーティングに臨む予定であった。通常は門の前のタクシー待機所に待機している「模範タクシー」で移動するのだが、その時はS電機の担当技術者が気を利かせて「一般タクシー」を呼んでくれた。さらに乗車時に運転手に××にあるS電子研究所まで届けてくれと伝えてくれたのであった。

度重なる韓国出張でS電子お膝元の水原市の地理は殆ど頭に入っている筆者は、あの角を曲がり、あの道を通って行くのだろうなと想像していたのだが、全く違う方向に走りだしたのである。まあどうせ領収書をもらって経費で落とすのだから良いかと高をくくっていたのだが、ちょっと遠回りどころか何と全く必要の無い高速道路を使用して行くらしいと判り、堪忍袋の緒が切れ、「S電子研究所に行くには、あの街を通り、あそこで曲がって行けば近いじゃないか!」と韓国語で小言を言ってしまった。

運転手は大層びっくりして「すみません、行き先を間違えたみたいです」といい訳をする始末。こんな時に舐められてはいけないと習得した韓国語が役に立ったのである。

S電子研究所に到着すると料金メーターは3000円程。通常は「模範タクシー」でも1000円程であるから文句を言わなければ酷いボッタくりである。運転手は苦情センターへの通報を恐れてか、無料で良いですと平身低頭であったが、まあ溜飲は下がったので一応料金通りの支払は済ませた。

運転手はS電機技術者が韓国に明るくない日本人出張者の為にタクシーを呼び、わざわざ行き先まで指示したので絶好の稼ぎ時と勘違いしたのだろう。S電機出入りのタクシーがこのありさまなのだから地元情報に余り詳しくない日本人一般旅行者は「一般タクシー」の利用は避けた方がよさそうだ。

後から考えると「反日無罪」の韓国社会に於いては、運転手がバット等の凶器を持出し腹いせに暴力で反撃される事もあり得るわけで、冷や汗ものの出来事であった。

<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ



テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

【社説】安倍首相の勝利、右傾化の白紙小切手ではない

【社説】安倍首相の勝利、右傾化の白紙小切手ではない
2013年07月22日13時06分
[中央日報日本語版] 転載

昨日の日本参議院選挙で安倍晋三首相が率いる自民・公明党連立政権が予想通り勝利した。安倍内閣に対する中間評価の性格を帯びた今回の選挙で勝ったことで、安倍首相は次の選挙が行われる2016年までに安定的に執権できる基盤を固めた。昨年12月の総選挙で衆議院の3分の2の議席を確保したのに続き、参議院でも過半数以上の議席を占めたことで、安倍首相は望む政策を推進できる政治的な動力を得た。しかし白紙小切手を委任されたと考えるのは傲慢な錯覚だ。

安倍首相の最大の勝因はアベノミクスに対する期待のためというのが一般的な分析だ。執権後に安倍内閣は無制限的な量的緩和で景気浮揚に力を注いだ。アベノミクスの成果については懐疑的な見方もなくはないが、「失われた20年」と呼ばれるほど低迷した日本社会の雰囲気を一新するのに寄与したのは事実だ。景気回復に対する有権者の期待が選挙で安倍首相支持につながったとみるのが妥当だ。

選挙を控えて安倍首相は改憲の必要性を強調してきた。武力行使と軍隊保有、交戦権を禁止した平和憲法を改め、軍隊を持って戦争ができる正常国家に変えようということだ。このため改憲発議要件を規定した憲法条項から手をつけ、現在の衆参両院の「3分の2以上の賛成」から「過半賛成」に緩和するということだ。しかし改憲に関しては日本国内の世論が分かれている。連立パートナーの公明党は反対している。十分に世論に耳を傾け、できる限り慎重に処理する問題だ主張している。

今回の選挙結果に喜んで右傾化を加速すれば、安倍内閣は世論の逆風を受ける可能性が高い。国際社会で日本の孤立も深まるだろう。韓国を含む周辺国は8月15日の終戦記念日を控え、安倍首相が靖国神社を参拝するかどうかに注目している。得票のために無理な公約をしたとしても、選挙で勝利した後には慎重に行動するのが政治的に賢明だ。安倍首相は悪化した韓日関係と日中関係からどう解決するか悩むことを望む。


<筆者所感>

隣国の選挙結果に早速の御高説、有難く拝聴致します。

今回の参議院選挙は御指摘の通り、失われた20年を招いたデフレ脱却に対する施策、所謂アベノミクスに対する日本国民の信認という面が大きいのでしょう。

加えて将来的に憲法を改正し国家としての交戦権を確立し、有事の際の自衛隊の軍事活動を円滑に実施出来る様にすべきという日本国としての当然の権利を確立して行く言う方針も国民の支持を受けたと認識するべきでしょう。

最近の朴クネ大統領の発言及び行動を見ると、今後韓国は旧共産圏の大中華圏の一員として生きて行く様ですし、将来的に「核保有国」の北朝鮮と統一したなら当然統一韓国も結果として「核保有国」となる訳で、その軍事的脅威には当然日本国民も備えておくべきだという投票結果だろうと思います。

日本国が通常の自由民主主義国家の一員として国格を整えようとするときに、「右傾化・右傾化」と騒ぎ立てる韓国はやはり旧共産圏の一員となったのだなと納得させられます。

当然御紙の御指摘の通り、左翼日教組の反日自虐教育を起因とする反対勢力も日本にはまだ多数存在しますが、議会制民主主義の本質は選挙であって、51対49で勝とうが勝ちは勝ちで選挙民の信認を受けたとするのが自由民主国家というものではないでしょうか?

「安部首相は悪化した日韓関係と日中関係を修復する事を望む」と言う論説はある程度理解出来るとしても、隣国の選挙結果、つまり日本国民の選択結果に「白紙小切手を委任されたと考えるのは傲慢な錯覚だ」と言う論説自体は自由民主主義の基本を知らない暴言であり、また反日感情に基づく傲慢極まりない論説です。

<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ



テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

第34話:「ケ」と「ケェ」、「犬」と「蟹」

ハングルで書くと違うのだが耳で聞くと殆ど同じに聞こえるで非常に紛らわしい。いつか同僚の若い韓国人に単語の発音だけ聞いて区別出来るか尋ねた事がある。「単語を聞いただけでは聞き分けられません」と答える。では「今日は「ケ」を食べにいこう」と誘われたらどうするの?」と意地悪な質問をすると、話の前後から判断するしか無いと答えるのだった。

韓国では食用犬肉のスープ「ポシンタン(補身湯)」は暑い夏の滋養強壮食品として中高年の男性に好まれるらしいが、若い年代、特に女性には敬遠されつつあるらしい。従って「ケ」食べに行こうと誘われたら頭の上に「チョキ」二本を載せて「蟹」であることを確認した方が良いと大笑いしてしまった。

また韓国語の70~80%を占めると言われる漢字を所以とするいわゆる漢字語にもハングルで表記したときに同音異義語が多数ある。例えば「鎮痛」と「陣痛」をハングルで書くと全く同じで「チントン」と発音するので産婦人科医は大変だと言う笑い話もある。

どんな意義があるのか日本人の筆者には理解不能だが、漢字教育を全く廃止し偉大なるハングルで全て表記すると言う偉業を成し遂げた韓国社会には全く頭が下がる。

そのような曖昧さに満ちた言葉なのだが、その発音にも異常な愛着心を見せるのも韓国社会の特徴である。

数年前韓国のアイドルガールズグループの「カラ」が日本のテレビ番組に出演した際に自国の料理を紹介したそうである。番組中でメンバーの一人がキムチを日本語風に発音したことが韓国で非難の的となったのは記憶に新しい。「kimchi」と正しく韓国語で発音すべきで、日本語のように「kimuchi」と「m」の後に母音を入れたことが問題なのだという。

元々は日本語であるが英語圏でも広く使われる様になった言葉の例に「津波」がある。英語表記で「Tsunami」であるが発音は一般的に発音のし易さから「ツナ~ミ」と発音されるようだ。元々の発音は「ツナミ」であるから怪しからんと訳の判らない事を海外に発信する人間もメディアも日本には居ない事に筆者はほっとするのである。

「キムチ」発音問題も結局のところ反日教育が根底にあり、日本風に発音するのは社会的に許せないと言う事なのだろう。

日本ではそのような瑣末な事柄を鬼の首でも取った様に騒ぐことを、下世話な言葉で申し訳ないが「ケツの穴が小せえ~」と言う。

<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

Old Love (Eric Clapton)


<筆者評>
仕事の合間によく聴く曲です。数あるライブ演奏がアップされていますが筆者はこの年のハイドパークライブのギターソロが一番のお気に入りです。「スローハンド」の面目躍如たる演奏です。

<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

サムスン「まるで情報機関」

サムスン、転職先の業務内容まで把握していた「まるで情報機関」
産経新聞 2013年06月18日09時00分 引用

日本企業からヘッドハンティングで移籍した韓国・サムスン電子から、中国企業に再転職した日本人技術者にあるメッセージが届いた。昨年秋のことだった。

「あなたは離職時の誓約に違反している。当社(サムスン)に不利益が生じていると判断した場合、あらゆる法的措置を検討する」

サムスンが指摘したのは退職時に一筆取り交わした同業他社への再就職をしないという「競業避止義務規定」だった。この技術者は、半導体の品質管理システムの開発を取りまとめる責任者だった。転職先の中国企業での仕事は半導体の基盤設計の業務管理であり、サムスンでの仕事とは違うと本人は判断したが、サムスンの受け止めは違ったようだ。

「サムスンは転職先の業務内容まで把握している様子だった」技術者はサムスンの情報流出に対するリスク管理意識の高さを思い知った。

取材の過程で、連絡を取ったサムスンの現役、退職社員は20人近くに上ったが、現役では9割、元社員でも半数が取材の申し入れを断ってきた。サムスンの系列企業で、半導体開発チームのとりまとめ役として数年働き、今年退社した40代の男性も同様だった。

「取材はご遠慮いただけませんか。再就職に影響が出かねませんので」サムスンについて話を聞かせてほしいと取材の趣旨を告げると、電話の向こうからはすぐに断りの返事が返ってきた。男性は日本の私立大学の大学院で電子工学系の修士号を取得し、現在、日本国内と中国、欧州の技術メーカーへの技術開発職を求めて就職活動中だった。

サムスングループの中核企業の1つ、サムスン物産の元常務はこう話す。「サムスンは知的財産の損失に極めて敏感だ。現役はもちろん退職者の動きも細かく追っている。まるで情報機関のようだ」技術者を獲得すれば、技術がついてくる。技術の価値を認識しているからこそ厳しい管理態勢を敷く。

液晶や携帯電話などデジタル家電の日本人技術者を次々と引き抜いていったサムスン。今や韓国の国内総生産(GDP)の2割超に達する巨大エレクトロニクスメーカーにのし上がった。韓国経済の成長と反比例するように、日本の技術者のヘッドハンティングは減りつつある。

<筆者所感>
永年日本家電メーカーに追いつく為にサムソンが行って来た日本人技術者のヘッドハンティングが減って来たと言う事はサムスン自体の製造技術が日本に追いついたと言う認識なのだろう。元々技術者のヘッドハンティングは、自社に足りないか劣る技術を社内育成するよりも外部から技術者ごと高給で一時的に導入する方が事業的に効率的であると言う戦術で急速に日本家電メーカーにキャッチアップし、業績面では遥かに凌駕して来た。

当然技術的に追い付けば、現地技術者よりも高給取りの日本人技術者はその後の身の振り方を考え直さなければならない訳で、もちろん優秀な技術者はサムスン内に於いても次期核心技術開発を提案し、また自ら主導できるだろうが、コミュニケーションの問題や現地技術者との国民性の問題で長居できる技術者は少ないようだ。

サムスン側から見れば、その技術者の今後の潜在能力を見極め取捨選択をしなければならないのだが、投資効率を考えると、必要が生じた時また調達すれば良いと言う感覚なのだろう。

さて日本企業からサムスンに渡った技術屋達の次の勤務先はどこになるのであろうか? 筆者のようにもう定年世代の人間は気ままに勝手な事を言って過ごせば良いのだろうが、40代では未だ家族の生活を支えていかなくてはならない。

当面、韓国内での同業他社(L社)への再就職は韓国国内法で一定期間禁止されているらしいので、不要なトラブルを避ける意味で避けた方がよさそうである。韓国以外であれば日本への出戻りも含めどの国でも問題は無いだろうと思う。

元々我々技術者は自分の技術力をクライアントである会社に売って生活しているのだと割り切って考えれば、退職時に一筆交わす同業他社への就職禁止契約などただのブラフだと考えれば良いし、会社の図面・資料等は持ち出さないと言う日本人なら当たり前の矜持を守る限り問題は無いだろう。

サムスンにしても技術は技術者本人に付いてくるから人材ごと技術を手中にした訳で、手放す時には逆に色々嫌がらせの様なブラフを仕掛けると言うのは、世界をリードしていると常々豪語しているサムスンとしては傲慢に見えるし見苦しい限りである。

<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

PCマザーボード交換修理

またまた本業の忙しさにかまけて更新が滞ってしまいました。実はその間にシミュレーション計算に使っているAMD6コア XPマシンがクラッシュしてアタフタ。仕事を止める訳にはいかないので中古のデュアルコアXPマシンを急遽購入し仕事の方は何とか対処出来ました。

6コアPCは購入店で色々見てもらいましたが具体的不具合箇所は特定できず、マザーボードを新品に交換する事で安定しました。この間約10日、御苦労さまでした。

<不具合現象>
-初期:使用途中で突然フリーズ、電源強制終了にて復帰(気まぐれ)
-故障前:Windows立ち上げのあらゆる場面でフリーズ
-以前に用意しておいたクローンHDDに交換しても状況変わらず(HW不具合らしい)
<修理店作業>
-電源を新品に交換し一時的に改善、但し負荷テストで再NG
-修理テストベッドの部品(良品と想定して)を逐一交換テスト
-結局マザーボードと言う事になり旧型番だった為新型番品を取り寄せOKとなる
<出費>
緊急購入デスクトップ→DELL Dual-Core 3GHz (20,000円)
マザーボード→(7,000円)
修理工賃→(3,000円)

現在は修理した6-Core PCで順調に作業出来ます。シミュレーションソフトは分散処理していますので購入したDual-Coreでは計算時間が3倍ほどかかりますが一応今回の様な緊急事態に備えたレスキューPCとして仕方がないかなと言った所です。

<追記>
暫くブログ更新を暫く休んでいると、いつもウォッチして頂いている友人の皆さまから「身体は大丈夫か?」と言う御心配のメールを頂くことがあります。そろそろ何時逝っても良い年代になって来ましたので「アイツ死んだのか?」なんて噂が立たない様、更新に努めなければならない今日この頃です。

<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

テーマ : パソコン初心者
ジャンル : コンピュータ

I WILL ALWAYS LOVE YOU


ドリー・パートン:ウィキペディア転載
ドリー・レベッカ・パートン(Dolly Rebecca Parton, 1946年1月19日 - )はアメリカ合衆国のシンガーソングライター、女優。 カントリー・ミュージックの第一人者であり、グラミー賞受賞者。女優兼モデルのジュリア・パートンは従姉妹。
映画『9時から5時まで』の主演および同名のテーマソング『9時から5時まで』、映画『マグノリアの花たち』で有名。
ビルボードのカントリーチャートで26曲が1位を獲得。1974年には「オールウェイズ・ラヴ・ユー」でカントリーチャート1位を獲得。この曲はのちにホイットニー・ヒューストンにカバーされ大ヒットしたが、ドリーの曲はあくまでカントリー曲そのものである。
<筆者評>
映画「ボディーガード」の挿入歌として大ヒットしたホイットニー・ヒューストンのカバーが有名ですが、筆者は原曲のカントリーバージョンが好みです。ドリーの少し鼻にかかった歌声と独特の「カントリーこぶし」が良いですね~。

<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

RFD-Lab管理人

Author:RFD-Lab管理人
―――――――――――――
通信機器の高周波回路・部品の研究開発に携わって来た技術屋のブログです。現在は個人経営の技術コンサルタントを営んでおります。
​―――――――――――――
最近「ドローン」の無線応用技術についてスタディーを始めました。自動配達の為の自律飛行を補助する衝突防止レーダ等、興味深い分野です。
―――――――――――――
​「ドローン」墜落事故が散見される中、現在は「航空法」に依って規制され、ラジコンによる「目視飛行」が許可されている様ですが、安全飛行の為には無線通信の確保が大前提となります。
―――――――――――――
またRFD-Labホームページに掲載した技術解説記事のPDF抜粋も併せて掲載しますのでご興味のある皆さんは参照して下さい。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者(2012年2月15日から)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。