スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際競争力ランキング

時事通信 (Yahooニュース)
5月22日(木)9時14分配信 転載

[ジュネーブ時事]
スイスのビジネススクール、国際経営開発協会(IMD)が22日発表した2014年の国際競争力調査によると、日本の総合順位は21位と、13年の24位から三つランクアップした。「アベノミクス」による円安効果が効き、2年連続で順位を上げた。

トップは米国が維持。経済の力強い回復力、雇用改善、優れた技術やインフラが高く評価された。2位以下はスイス、シンガポール、香港が続いた。景気が持ち直した欧州でベスト10入りした国は13年の4カ国から5カ国に増えた。

新興国では、中国が事業環境に対する懸念などを反映し、二つランクを下げて23位。労働市場の非効率さが目立つインド(44位)やブラジル(54位)も順位を下げた。対照的にロシア(38位)は四つ順位を上げた。 


韓国、26位に下落=IMD国際競争力ランキング
国家ブランド力は12位、日本を上回る

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 転載
チェ・ウソク記者
記事入力 : 2014/05/22 08:16

スイスの調査研究機関、国際経営開発研究所(IMD)が21日に発表した2014年の国際競争力ランキングで、韓国は昨年より4ランクダウンの26位に下落した。ランキングの評価対象は60カ国で、韓国は2011年から3年連続で22位だった。

IMDは世界経済フォーラム(WEF)と並ぶ世界の2大国際ランキング評価機関。国際競争力1位は米国、2位はスイス、3位はシンガポールだった。韓国は日本(21位)はおろか中国(23位)をも下回った。

韓国の順位が下落した最大の原因は、政府の効率性(20位→26位)と企業の効率性(34位→39位)が不振だったこと。昨年の新政権発足後に政府の人事が遅れたことと、企業関連の各種の規制が強化されたことが大きく影響しているとの見方が強い。

一方、国家ブランド力順位で韓国は12位にランクインし、19位の日本を上回った。これは「韓流」の拡大などによって韓国に対する好感度が上がったためとみられる。国家ブランド力1位はシンガポール、2位はドイツだった。


<筆者所感>

5月22日発信の2つの記事の比較である。Yahooニュースはランキング結果の事実を淡々と伝えただけであり、元々評価基準が曖昧な結果であろうからまぁ参考程度にして下さいと言うスタンスを感じられる。

翻って同じニュースソースでも朝鮮日報の記事になると日本・中国などの周辺国にも及ばなくて悔しいという論評が加わり、Yahooニュースでは触れていない国家ブランド力を持ち出して勝ったと溜飲を下げている。

Yahooニュースでは韓国も含め周辺各国に対する記述はなく朝鮮日報の論評とは対照的である。日本と韓国の周辺国への関心度の違いが良く現れた二つの記事であり非常に興味深い。



<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
関連記事

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

tag : 国際競争力ランキング

コメント

非公開コメント

プロフィール

RFD-Lab管理人

Author:RFD-Lab管理人
―――――――――――――
通信機器の高周波回路・部品の研究開発に携わって来た技術屋のブログです。現在は個人経営の技術コンサルタントを営んでおります。
​―――――――――――――
最近「ドローン」の無線応用技術についてスタディーを始めました。自動配達の為の自律飛行を補助する衝突防止レーダ等、興味深い分野です。
―――――――――――――
​「ドローン」墜落事故が散見される中、現在は「航空法」に依って規制され、ラジコンによる「目視飛行」が許可されている様ですが、安全飛行の為には無線通信の確保が大前提となります。
―――――――――――――
またRFD-Labホームページに掲載した技術解説記事のPDF抜粋も併せて掲載しますのでご興味のある皆さんは参照して下さい。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者(2012年2月15日から)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。