スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<W杯サッカー>「旭日旗応援」が登場

<W杯サッカー>日本対コートジボワール戦で“旭日旗応援”が登場

2014年06月15日11時15分
中央日報日本語版[転載]

日本がワールドカップ・ブラジル大会でも結局戦犯旗(旭日旗)のユニフォームを着用した。観覧席には旭日旗の応援もあった。

日本は15日にブラジルのレシフェで行われた予選リーグC組第1戦でコートジボワールと対戦した。この試合に日本は旭日旗ユニフォームを着た。

ユニフォームには議論となった旭日旗形態のデザインが含まれている。日本サッカー協会(JFA)のエンブレムと日章旗が配置された左胸を中心に11本の光線が広がるデザインは旭日旗を連想させる。旭日旗は日本帝国主義の軍旗として使われたので戦犯旗とも呼ばれる。

このユニフォームは3月にホームページを通じ販売されて改めて議論を呼んだ。アディダス関係者は、「胸の模様は代表チームを構成する11人の選手が力強く飛び出すイメージ」と釈明した。韓国広報専門家の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授が2日にFIFAのブラッターFIFA会長に日本代表ユニフォームに入っている「戦犯旗模様」を削除してほしいという内容の書簡を発送したが日本代表チームの変化はなかった。

この日の試合には観覧席に戦犯旗模様を描いた服を着た日本のファンが登場した。前半16分に本田圭佑(ACミラン)が先制ゴールを決めた後、中継画面には「闘魂、必勝、覇者」という単語と戦犯旗模様を刻んだボーリングピン形のコスチュームを着た日本人ファンらが大きく歓呼した。


<筆者所感>

またまた中央日報さんには楽しませて貰います。ここまで来るとギャグ記事としか言いようがなく、中央日報日本語版のWEB記事の読者へのサービス記事としか言いようがありません。

この何とか言う教授も直接FIFAに話すより、2002年W杯日韓大会で、韓国代表の有利になるよう審判を買収していたことをほのめかす選挙演説を行っていたという鄭夢準(チョン・モンジュン)氏がFIFAに顔が利くようなので、彼に頼んで見たほうが良い結果になるかも知れませんよ。

現在では旭日旗は環太平洋合同演習(リムパック)に参加する海上自衛隊の艦旗としても使用され、米国、豪州などの海軍からも広く認知されています。旭日旗が戦犯旗(そもそも戦犯旗などという言葉は最近の韓国の造語)などと言うのなら、戦勝国の米国がなぜ使用を許可しているのでしょうか?

そもそも第二次世界大戦中、朝鮮半島は日本に併合され、日本の一地方に過ぎませんでした。従って現在の北朝鮮・韓国と日本は戦争をした事実もありませんし、ましてや現在の韓国は戦勝国などではありません。むしろ日本の一部であったのですから敗戦国だったと言えるでしょう。たまたま運がよく宗主国の日本が敗戦したおかげで独立できたのであって、自ら戦いとった独立ではありません。

百歩譲って、戦勝国側である連合国の米国や中国が旭日旗は旧日本帝国海軍の軍旗なので、敗戦後に使用するのは問題があると言うのならばある程度理解もできますが、元々日本の一つの地方(朝鮮地方)の人たちが戦勝国面をしてワァワァ騒ぐのを見るにつけ、本当に品のない民度の国民性なのだなあと、怒るよりも呆れてしまいます。

戦時売春婦問題やこの旭日旗問題等、反日運動で一旗あげようと考えている乞食根性の一部の輩のお先棒を大新聞の中央日報が担いでいては、本当に世界の笑いものになってしまいますよ・・・


<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
関連記事

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

tag : 旭日旗

コメント

非公開コメント

プロフィール

RFD-Lab管理人

Author:RFD-Lab管理人
―――――――――――――
通信機器の高周波回路・部品の研究開発に携わって来た技術屋のブログです。現在は個人経営の技術コンサルタントを営んでおります。
​―――――――――――――
最近「ドローン」の無線応用技術についてスタディーを始めました。自動配達の為の自律飛行を補助する衝突防止レーダ等、興味深い分野です。
―――――――――――――
​「ドローン」墜落事故が散見される中、現在は「航空法」に依って規制され、ラジコンによる「目視飛行」が許可されている様ですが、安全飛行の為には無線通信の確保が大前提となります。
―――――――――――――
またRFD-Labホームページに掲載した技術解説記事のPDF抜粋も併せて掲載しますのでご興味のある皆さんは参照して下さい。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者(2012年2月15日から)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。