スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集団的自衛権

昨晩のTVニュースで安部総理大臣の集団的自衛権に関する閣議決定に伴う声明を見たが、ようやくここまでこれたなと言う思いである。

集団的自衛権は国連憲章でも保証される独立国家の基本的権利で、国家もしくは国民の安全が他国の武力により脅かされる場合に交戦してこれを撃退できる権利である。現在も尖閣諸島問題や竹島問題等、東北アジアのならず者国家により日本の領土が脅かされている。これまでは憲法解釈により、自衛隊には交戦権はなく、従って韓国による竹島不法占拠や中国による尖閣軍事挑発には指を咥えて見ているしかなかった。今後はこのような挑発に具体的な軍事行動をもって対処できるようになるわけで、軍事的抑止力も充分に発揮できるようになるだろう。

自衛隊が本格的に活動できる様になるまでは関連国内法の整備もありまだまだ先になるのだろうが、ひとまず陸・海・空自衛隊員のみなさんの士気も益々向上することと期待したい。

また、日々の軍事演習では国防のための武器の使用法、作戦等に日々鍛錬を重ねている事であろうが、実戦経験はまだない訳で今後の国連軍への参加等は貴重な実戦経験としてさらなるスキルアップにつながると期待している。

集団的自衛権と言えば1982年に勃発したフォークランド紛争を思い出す。元々アルゼンチンと英国が領有権を主張し英国が実効支配していたフォークランド諸島に、アルゼンチン国内の民族主義の高まりに乗じたアルゼンチン軍が侵攻したことから、時のサッチャー首相が開戦を決意し、近代装備と物量に勝る英国軍が数カ月の戦闘の末に軍事的に奪還した。両軍あわせて数百名の戦死者を出したが、さすが大英帝国の末裔たる英国軍は戦争に勝利し、英国の国益と名誉を守った。

日本においては周辺諸国との間に尖閣領有権問題や竹島不法占拠問題が在るわけで、そういう面ではフォークランド紛争は良く研究されているだろう。

異常な反日工作を続ける中韓北朝鮮の反日3兄弟に対して、今後は実際に武力行使できる自衛隊そのものが戦争抑止力になるわけで、また核弾頭開発までにあとネジ一廻しと言われている秘められた日本の核開発の片鱗でも見せてやれば充分なのかも知れない。日本をなめきっていた反日3兄弟に対して、サムライ日本はそれ位の胆力を披露しておいた方が良いのだろう。

集団的自衛権の行使容認を閣議決定しただけでお隣韓国のマスコミは、これで日本は戦前の侵略国家に逆戻りだ〜、戦犯国に自衛権などは認められないなどと大騒ぎしているが、国を維持できなくて日本に泣きついた現韓国も元をただせば大日本帝国の一員だったのである。戦勝国の米中両国あたりから「敗戦国」呼ばわりされるのなら納得しないわけでもないが、大日本帝国の朝鮮地方だった人たちから「戦犯国」呼ばわりされるとは、甚だ心外であるし、恩知らずの感謝を知らない国民性だなとしみじみ思っている。

<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ


関連記事

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

プロフィール

RFD-Lab管理人

Author:RFD-Lab管理人
―――――――――――――
通信機器の高周波回路・部品の研究開発に携わって来た技術屋のブログです。現在は個人経営の技術コンサルタントを営んでおります。
​―――――――――――――
最近「ドローン」の無線応用技術についてスタディーを始めました。自動配達の為の自律飛行を補助する衝突防止レーダ等、興味深い分野です。
―――――――――――――
​「ドローン」墜落事故が散見される中、現在は「航空法」に依って規制され、ラジコンによる「目視飛行」が許可されている様ですが、安全飛行の為には無線通信の確保が大前提となります。
―――――――――――――
またRFD-Labホームページに掲載した技術解説記事のPDF抜粋も併せて掲載しますのでご興味のある皆さんは参照して下さい。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者(2012年2月15日から)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。