スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ドローン」で買い物代行実験



外部リンク
ドローンで買い物代行実験 (ドコモ) … 通信で長距離運搬

現在「ドローン」の飛行は航空法により操縦者が目視できる範囲での飛行に認可が下りることになっています。操縦はラジコンのコントローラ(通称プロポ)で行い、電波法上の免許が必要ない送信出力(2.45GHz帯)ではせいぜい1.5~2kmが最大飛行距離となりそうです。

今回の実験の飛行距離はGoogle Mapで調べてみると 5km 程度と推測され、「目視操縦」の距離ではありません。

現在スマホ等に使用されている4Gの回線を利用して、操縦者がドローン搭載カメラ映像をモニタリングしながら、飛行ルートの設定にはGPS情報を使用して半自律飛行をしたようです。

ビジネスモデルとして成功する為にはやはり、無人飛行の実現 (操縦者の人件費の軽減) が重要であり、現在航空法で規定する 「操縦者に依る目視飛行」という縛りと、自律飛行した場合の数々のセキュリティー上の問題をどのように技術的に解決していくかが重要課題となりそうです。

<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

RFD-Lab管理人

Author:RFD-Lab管理人
―――――――――――――
通信機器の高周波回路・部品の研究開発に携わって来た技術屋のブログです。現在は個人経営の技術コンサルタントを営んでおります。
​―――――――――――――
最近「ドローン」の無線応用技術についてスタディーを始めました。自動配達の為の自律飛行を補助する衝突防止レーダ等、興味深い分野です。
―――――――――――――
​「ドローン」墜落事故が散見される中、現在は「航空法」に依って規制され、ラジコンによる「目視飛行」が許可されている様ですが、安全飛行の為には無線通信の確保が大前提となります。
―――――――――――――
またRFD-Labホームページに掲載した技術解説記事のPDF抜粋も併せて掲載しますのでご興味のある皆さんは参照して下さい。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者(2012年2月15日から)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。