スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第24話:韓国結婚披露宴風景

L電子中央研究所の技術顧問をしていた時たまたま同僚の結婚披露宴に参加したことがあった。

その一ヶ月程前の勤務中に彼が私の所に来て今度結婚しますので披露宴に参加して下さいと招待状を届けにきたのだ。「いいよ、おめでとう!」と快諾したのだがしばらく忘れていて数日前に思いだし慌てたのだった。

日本から礼服を持参するのを忘れたのだ。日本人の感覚からすれば披露宴の服装は礼服着用と思いこんでいたのであわてて秘書役のC代理に尋ねるとスーツで充分ですとの事で一安心。祝い金は最低2万円くらいだなと踏んでいたのだが5千ウォンで充分とのこと。

さて休日の当日、招待状の地図を頼りにホテルからカンナム地区の地下鉄駅近くの会場に無事たどり着いた。入り口付近でたむろしながらタバコをふかす同僚達を見つけて一安心。何しろ初めての経験なのでどんな作法で披露宴に参加していいか判らず多少は心細かったのだ。

同僚の指示でまず受け付けで祝い金を納めろと言う。ここまでは日本と同じだなと思いつつ受付に行くと新郎新婦が出迎えている。やあやあおめでとうと挨拶を交わし、次はどこだと尋ねると、下の階の会食会場へと案内される。はあ、そこが披露宴会場かと納得して向かうとそこはなんとただの広い食堂の様な場所で、バイキング形式で色々なメニューを自由に取って食事が出来る場所である。もちろん酒類もそろっていて親類縁者とおぼしき人たちがあちらこちら集まり賑やかに食事をしている。新郎新婦は見あたらない。

丁度昼食時であったので私も同僚達とたらふく飲み食いし、ところで新郎新婦はどこに居るのかと尋ねると、それでは行って見ましょうと連れ出された。

そこはさながらホテルのレセプション会場の様な場所で新郎新婦と近親者と見られる方達が韓国式の正装で、雛壇の様な少し高くなった場所で次々と訪れる参列者と記念写真など撮っている。我々も折角だからと記念写真に収また。

次はどうすると同僚に尋ねるともういつでも帰っていいですと言う。式次第通りに進行する日本式の披露宴を想像していた私はなんと締まりのない披露宴なんだと感じたのだが、考え直してみると韓国式披露宴の方が何か合理的に思えてくるのだった。

新郎新婦及び近親者は予め決められた披露場所で次々に現れる祝い客の祝福を受ける。祝い客は別室に設けた飲食会場で三々五々気ままに飲食するし服装も特別にフォーマルでなくて良い。後で聞いた話だが別に招待されていなくとも祝福に駆けつけて何の問題も無いそうだ。

国全体がまだ貧しかった戦後の昭和時代には日本でもこうであったろうと彷彿させる様な、素朴な気取らない結婚披露宴の形が残っていた披露宴に参加して、なんとも心温まる気分の一日であったのである。


<よろしければポチポチポチっと応援を>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

関連記事

テーマ : 結婚式の話。
ジャンル : 結婚・家庭生活

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【第24話:韓国結婚披露宴風景】

L電子中央研究所の技術顧問をしていた時たまたま同僚の結婚披露宴に参加したことがあった。その一ヶ月程前の勤務中に彼が私の所に来て今度結婚しますので披露宴に参加して下さいと

コメント

非公開コメント

プロフィール

RFD-Lab管理人

Author:RFD-Lab管理人
―――――――――――――
通信機器の高周波回路・部品の研究開発に携わって来た技術屋のブログです。現在は個人経営の技術コンサルタントを営んでおります。
​―――――――――――――
最近「ドローン」の無線応用技術についてスタディーを始めました。自動配達の為の自律飛行を補助する衝突防止レーダ等、興味深い分野です。
―――――――――――――
​「ドローン」墜落事故が散見される中、現在は「航空法」に依って規制され、ラジコンによる「目視飛行」が許可されている様ですが、安全飛行の為には無線通信の確保が大前提となります。
―――――――――――――
またRFD-Labホームページに掲載した技術解説記事のPDF抜粋も併せて掲載しますのでご興味のある皆さんは参照して下さい。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者(2012年2月15日から)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。