スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第25話:ずっと技術屋で居られない

2000年代初頭の頃の話である。S電子の子会社で電子部品を製造供給するS電機とアンテナ開発課題で一緒に仕事をしたことがあった。

S電機の技術責任者はP主席で、彼はアンテナ研究開発に携わる工学博士であった。日本にも留学していたそうで日本語が堪能であり丁度S電機が事業化を模索していたアンテナ事業の実質推進者として頑張っていた。

彼は我々日本人技術屋から見てもなかなか確かなアンテナ技術を持っていて日本語が堪能なこともあり、懇意にしてもらった。

さて、我々日本研究所と共同開発していた課題も一段落して半年ほど経ったある日、丁度S電子に出張したついでにP主席を訪ねた事があった。S電子とS電機は出入門は違うが構内はつながっておりS電子に出張した折りにも簡単に訪問出来るのであった。

事前に電話連絡するとなんと彼は人事部に異動になりましたというではないか。仕方が無いので何とか異動先に連絡をとりP主席に面会する事が出来た。

私は彼の技術的な実力を知っていたので「何で技術屋が人事部に異動なんだ?」と問いただすと「私の将来の為に会社がそうしろと言うのです」と言う。話を聞くと博士課程を卒業した工学博士は一応会社の出世コースに乗り、そのような人事が行われると言う。彼は今後の事業拡大の為の核心技術者のリクルートを手始めに行うらしい。「それでは君は今後はアンテナ技術屋ではなくなるのか?」と意地悪な質問をすると彼は困ったような顔をして照れ笑いをするのであった。

この様な人事はS電子でもよく見受けられ、韓国企業では仕事が出来る現役技術者は早い機会に管理職へと昇進し現業を離れて行く。そういう意味では韓国企業での現役技術者としての寿命は日本などに比べて非常に短いと言える。

元々韓国儒教社会では非生産階級であり貴族階級のヤンバンが一番偉く、日本の封建時代の士農工商のような職業の貴賤と言う見方から見れば物造りをする職人は一番下級に見られていた様だ。すなわち技術屋は一番下級な職業なので早く偉い管理職になって自ら手を動かさずに現業を離れて管理職に徹しなければならないと言うことらしい。

この様なことなので韓国社会においては日本のように綿々と連なる技術の蓄積などな望むべくもなく、従って日本のように江戸時代から何代も続いた老舗の技術が尊敬されることもないし存在しないようだ。

技術屋が軽んじられる韓国社会であるから、当然科学技術系学府よりも文系・医学系学府の方に優秀な人材が集まり、IT立国・韓国としての課題点として毎年マスコミにも取り上げられているようである。従ってマスコミで毎年話題に上る、日本を意識した韓国の「自尊心」としての科学・工学系のノーベル賞受賞者などは輩出されるはずも無いのである。

数年前に韓国初のノーベル賞受賞者かと国をあげて期待され自滅した、ES細胞研究者の黄某教授の論文ねつ造事件などは国を挙げての「韓国の自尊心」の期待に負けてしまった良い例で記憶に新しい。

この様な状況を見る限り、まだまだ技術立国日本は安心かなと思うのだが、経済活動の国際化に伴い日本国内で確立した核心技術や核心人材の海外企業流出防止には官民あげて腐心しなければならないだろう。なぜなら海外企業からの日本への経済的還元は無いのだし、さらに日本企業のコンペチターとなり自らの首を絞める可能性が高いからである。


<よろしければポチポチポチっと応援を>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

関連記事

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【第25話:ずっと技術屋で居られない】

2000年代初頭の頃の話である。S電子の子会社で電子部品を製造供給するS電機とアンテナ開発課題で一緒に仕事をしたことがあった。S電機の技術責任者はP主席で、彼はアンテナ研究開発に

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

RFD-Lab管理人

Author:RFD-Lab管理人
―――――――――――――
通信機器の高周波回路・部品の研究開発に携わって来た技術屋のブログです。現在は個人経営の技術コンサルタントを営んでおります。
​―――――――――――――
最近「ドローン」の無線応用技術についてスタディーを始めました。自動配達の為の自律飛行を補助する衝突防止レーダ等、興味深い分野です。
―――――――――――――
​「ドローン」墜落事故が散見される中、現在は「航空法」に依って規制され、ラジコンによる「目視飛行」が許可されている様ですが、安全飛行の為には無線通信の確保が大前提となります。
―――――――――――――
またRFD-Labホームページに掲載した技術解説記事のPDF抜粋も併せて掲載しますのでご興味のある皆さんは参照して下さい。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者(2012年2月15日から)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。