スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第34話:「ケ」と「ケェ」、「犬」と「蟹」

ハングルで書くと違うのだが耳で聞くと殆ど同じに聞こえるで非常に紛らわしい。いつか同僚の若い韓国人に単語の発音だけ聞いて区別出来るか尋ねた事がある。「単語を聞いただけでは聞き分けられません」と答える。では「今日は「ケ」を食べにいこう」と誘われたらどうするの?」と意地悪な質問をすると、話の前後から判断するしか無いと答えるのだった。

韓国では食用犬肉のスープ「ポシンタン(補身湯)」は暑い夏の滋養強壮食品として中高年の男性に好まれるらしいが、若い年代、特に女性には敬遠されつつあるらしい。従って「ケ」食べに行こうと誘われたら頭の上に「チョキ」二本を載せて「蟹」であることを確認した方が良いと大笑いしてしまった。

また韓国語の70~80%を占めると言われる漢字を所以とするいわゆる漢字語にもハングルで表記したときに同音異義語が多数ある。例えば「鎮痛」と「陣痛」をハングルで書くと全く同じで「チントン」と発音するので産婦人科医は大変だと言う笑い話もある。

どんな意義があるのか日本人の筆者には理解不能だが、漢字教育を全く廃止し偉大なるハングルで全て表記すると言う偉業を成し遂げた韓国社会には全く頭が下がる。

そのような曖昧さに満ちた言葉なのだが、その発音にも異常な愛着心を見せるのも韓国社会の特徴である。

数年前韓国のアイドルガールズグループの「カラ」が日本のテレビ番組に出演した際に自国の料理を紹介したそうである。番組中でメンバーの一人がキムチを日本語風に発音したことが韓国で非難の的となったのは記憶に新しい。「kimchi」と正しく韓国語で発音すべきで、日本語のように「kimuchi」と「m」の後に母音を入れたことが問題なのだという。

元々は日本語であるが英語圏でも広く使われる様になった言葉の例に「津波」がある。英語表記で「Tsunami」であるが発音は一般的に発音のし易さから「ツナ~ミ」と発音されるようだ。元々の発音は「ツナミ」であるから怪しからんと訳の判らない事を海外に発信する人間もメディアも日本には居ない事に筆者はほっとするのである。

「キムチ」発音問題も結局のところ反日教育が根底にあり、日本風に発音するのは社会的に許せないと言う事なのだろう。

日本ではそのような瑣末な事柄を鬼の首でも取った様に騒ぐことを、下世話な言葉で申し訳ないが「ケツの穴が小せえ~」と言う。

<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
関連記事

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

プロフィール

RFD-Lab管理人

Author:RFD-Lab管理人
―――――――――――――
通信機器の高周波回路・部品の研究開発に携わって来た技術屋のブログです。現在は個人経営の技術コンサルタントを営んでおります。
​―――――――――――――
最近「ドローン」の無線応用技術についてスタディーを始めました。自動配達の為の自律飛行を補助する衝突防止レーダ等、興味深い分野です。
―――――――――――――
​「ドローン」墜落事故が散見される中、現在は「航空法」に依って規制され、ラジコンによる「目視飛行」が許可されている様ですが、安全飛行の為には無線通信の確保が大前提となります。
―――――――――――――
またRFD-Labホームページに掲載した技術解説記事のPDF抜粋も併せて掲載しますのでご興味のある皆さんは参照して下さい。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者(2012年2月15日から)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。