スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社説】安倍首相の勝利、右傾化の白紙小切手ではない

【社説】安倍首相の勝利、右傾化の白紙小切手ではない
2013年07月22日13時06分
[中央日報日本語版] 転載

昨日の日本参議院選挙で安倍晋三首相が率いる自民・公明党連立政権が予想通り勝利した。安倍内閣に対する中間評価の性格を帯びた今回の選挙で勝ったことで、安倍首相は次の選挙が行われる2016年までに安定的に執権できる基盤を固めた。昨年12月の総選挙で衆議院の3分の2の議席を確保したのに続き、参議院でも過半数以上の議席を占めたことで、安倍首相は望む政策を推進できる政治的な動力を得た。しかし白紙小切手を委任されたと考えるのは傲慢な錯覚だ。

安倍首相の最大の勝因はアベノミクスに対する期待のためというのが一般的な分析だ。執権後に安倍内閣は無制限的な量的緩和で景気浮揚に力を注いだ。アベノミクスの成果については懐疑的な見方もなくはないが、「失われた20年」と呼ばれるほど低迷した日本社会の雰囲気を一新するのに寄与したのは事実だ。景気回復に対する有権者の期待が選挙で安倍首相支持につながったとみるのが妥当だ。

選挙を控えて安倍首相は改憲の必要性を強調してきた。武力行使と軍隊保有、交戦権を禁止した平和憲法を改め、軍隊を持って戦争ができる正常国家に変えようということだ。このため改憲発議要件を規定した憲法条項から手をつけ、現在の衆参両院の「3分の2以上の賛成」から「過半賛成」に緩和するということだ。しかし改憲に関しては日本国内の世論が分かれている。連立パートナーの公明党は反対している。十分に世論に耳を傾け、できる限り慎重に処理する問題だ主張している。

今回の選挙結果に喜んで右傾化を加速すれば、安倍内閣は世論の逆風を受ける可能性が高い。国際社会で日本の孤立も深まるだろう。韓国を含む周辺国は8月15日の終戦記念日を控え、安倍首相が靖国神社を参拝するかどうかに注目している。得票のために無理な公約をしたとしても、選挙で勝利した後には慎重に行動するのが政治的に賢明だ。安倍首相は悪化した韓日関係と日中関係からどう解決するか悩むことを望む。


<筆者所感>

隣国の選挙結果に早速の御高説、有難く拝聴致します。

今回の参議院選挙は御指摘の通り、失われた20年を招いたデフレ脱却に対する施策、所謂アベノミクスに対する日本国民の信認という面が大きいのでしょう。

加えて将来的に憲法を改正し国家としての交戦権を確立し、有事の際の自衛隊の軍事活動を円滑に実施出来る様にすべきという日本国としての当然の権利を確立して行く言う方針も国民の支持を受けたと認識するべきでしょう。

最近の朴クネ大統領の発言及び行動を見ると、今後韓国は旧共産圏の大中華圏の一員として生きて行く様ですし、将来的に「核保有国」の北朝鮮と統一したなら当然統一韓国も結果として「核保有国」となる訳で、その軍事的脅威には当然日本国民も備えておくべきだという投票結果だろうと思います。

日本国が通常の自由民主主義国家の一員として国格を整えようとするときに、「右傾化・右傾化」と騒ぎ立てる韓国はやはり旧共産圏の一員となったのだなと納得させられます。

当然御紙の御指摘の通り、左翼日教組の反日自虐教育を起因とする反対勢力も日本にはまだ多数存在しますが、議会制民主主義の本質は選挙であって、51対49で勝とうが勝ちは勝ちで選挙民の信認を受けたとするのが自由民主国家というものではないでしょうか?

「安部首相は悪化した日韓関係と日中関係を修復する事を望む」と言う論説はある程度理解出来るとしても、隣国の選挙結果、つまり日本国民の選択結果に「白紙小切手を委任されたと考えるのは傲慢な錯覚だ」と言う論説自体は自由民主主義の基本を知らない暴言であり、また反日感情に基づく傲慢極まりない論説です。

<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ



関連記事

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

プロフィール

RFD-Lab管理人

Author:RFD-Lab管理人
―――――――――――――
通信機器の高周波回路・部品の研究開発に携わって来た技術屋のブログです。現在は個人経営の技術コンサルタントを営んでおります。
​―――――――――――――
最近「ドローン」の無線応用技術についてスタディーを始めました。自動配達の為の自律飛行を補助する衝突防止レーダ等、興味深い分野です。
―――――――――――――
​「ドローン」墜落事故が散見される中、現在は「航空法」に依って規制され、ラジコンによる「目視飛行」が許可されている様ですが、安全飛行の為には無線通信の確保が大前提となります。
―――――――――――――
またRFD-Labホームページに掲載した技術解説記事のPDF抜粋も併せて掲載しますのでご興味のある皆さんは参照して下さい。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者(2012年2月15日から)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。