スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows XP 終了対応メンテナンス(1)

ご存じの通りWindows XPのサポートが4月9日をもって終了します。

サポート終了後はXPのセキュリティーの脆弱性に関する修正パッチの頒布はされなくなり、その後のXP使用継続時のインターネット接続環境では重大なセキュリティー問題が内在すると喧伝されています。

当RFD-Labでは特に高周波シミュレーション用アプリケーションSWがXP対応のままですので色々悩みましたが、WEB上から色々情報を入手し以下の方法で対処し現状では一応対処出来たと思っています。

筆者は高周波応用機器に関しては一応専門家と自負していますが、PCに関しては単にToolとしての知識しかない素人です。しかしWEBブラウザの検索機能とは大したもので、先人の解説記事を参考にしながら一応対処出来た様なので、関連リンクなどを掲載しつつ紹介いたします。

<基本方針1>

・従来のWindows XP 環境はネットから完全に切り離しスタンドアロンのシミュレーション専用マシンとして使用し、USBメモリーを介して外部Dataのやり取りも行わない。

・XPサポート終了と同時にサポート終了となる現行のセキュリティーソフトはXP終了後もサポートするソフトに乗り換える。

・仮想化ソフトReturnilを導入し、万が一のウィルス感染に備える。

・Image Backupソフトを使用しシステム不具合が起こった場合でも、最悪2014年4月8日の状態に復元できる準備をしておく。

<基本方針2>

・SSDを増設しWindows7を導入、インターネット環境に対応する。
 (Boot Device 切り替えによる Dual Boot)

・XP マシンとのDataのやり取りはWin7にインストールされたセキュリティーソフトで常に監視された共有ファイルを通してのみ実施する。

・小規模な高周波シミュレーションは多少マシン性能が劣っても構わないのでWindows7上にVirtualマシン(XP)を構築し、Realマシンと同等の設定をし起動HDD切り替えの手間を減らす。

<マシン構成>

・CPU:AMD 6Core Clock 3.6GHz
・Memory:4GB
・HDD:500GB(for XP & Data)
・SSD:120GB(for Win7)
・Virtual OS ソフトウェア:VMware Player(Free) on Win7

<自己評価>
・Virtual XPにはXPマシン上のアプリケーションはすべてインストールでき問題なく動作。
・シミュレーションソフト以外は体感処理速度の差異は感じられません。
・同一のアンテナ構成をシミュレーションした時の処理速度はReal XPに比較して約1/2(実測)ですが特に大きなメッシュ数のプロジェクトを扱う場合以外では問題ないという判断です。

以下、順を追ってボチボチ紹介いたします。

<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
関連記事

テーマ : パソコン関連お役立ち情報
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

プロフィール

RFD-Lab管理人

Author:RFD-Lab管理人
―――――――――――――
通信機器の高周波回路・部品の研究開発に携わって来た技術屋のブログです。現在は個人経営の技術コンサルタントを営んでおります。
​―――――――――――――
最近「ドローン」の無線応用技術についてスタディーを始めました。自動配達の為の自律飛行を補助する衝突防止レーダ等、興味深い分野です。
―――――――――――――
​「ドローン」墜落事故が散見される中、現在は「航空法」に依って規制され、ラジコンによる「目視飛行」が許可されている様ですが、安全飛行の為には無線通信の確保が大前提となります。
―――――――――――――
またRFD-Labホームページに掲載した技術解説記事のPDF抜粋も併せて掲載しますのでご興味のある皆さんは参照して下さい。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者(2012年2月15日から)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。