FC2ブログ

バックアップ用クローンHDD作製

本業が少し忙しかったのに感けてまたまたブログ更新が滞ってしまいました。ようやく少し余裕が出来たので懸案事項である仕事で使っているデスクトップPCとノートPCのバックアップを行いました。電磁シミュレータ等の主要なアプリケーションが古い為、OSはWindows XPで使用しています。

Microsoftの発表によるとWindows XPのサポートが来年の2014年4月8日に終了するそうですが、同日時点でWindows XPのサポート期間は12年5か月となり、これは同社のビジネス用ソフトウェアのサポート期間では最長になるそうです。またある調査会社の調査ではサポートが終了しても一部の顧客はWindows XPを続けるそうで、約16%の組織と一般ユーザーの5%以上がサポート終了後もWindows XPを使い続けることになるようです。これはXPが枯れた安定したOSであるかという証左になるのではないでしょうか。

バックアップの方法は色々ある様ですが、筆者はHDDのクローン作製を選びました。即ち現在使用中のPCのOS及びアプリケーション、設定等の全てをクローン化した新しいHDDを作り、バックアップHDDとして保管する方法です。この方法であれば、もしHDDクラッシュ等の何らかの理由でPCが故障しても保管しておいたクローンHDDに差し替えることにより即座に前の使用環境に復帰できるメリットが在ります。おそらく10分も掛からず復帰出来るでしょう。OSからのクリーンインストールでは恐らく一日仕事となり、またXPサポート終了後は各種のWindowsパッチはDownload出来なくなる可能性が高いので筆者の場合はクローンHDDでバックアップする方法にしました。

<部品購入>
日立製500GByteHDD →デスクトップPC用    (5,000円)
Intel製120GByteSSD →ノートPC用       (10,000円)
SATA対USB変換ケーブル →ノートPCクローン作製用 (2,000円)

<クローン作製ソフト>
EaseUS Todo Backup Free 5.5 →窓の杜 Free Download

パソコン初心者講座 http://www.pc-master.jp  等を参照しながら作業は問題無く終了。クローンHDDとSSDは共にSATA・USB変換ケーブルを使いUSB経由で行いましたが、HDDに約2時間、SSDに約一時間かかりました。

勿論バックアップ元のHDDは緊急時のバックアップとして保管するため、一応念の為最新のWindows Updateや不要Fileの整理整頓を実施した後クローンを作成しました。

筆者のデスクトップはAMD 6Core搭載の自作PCですが、HDDをクローンに交換して一発起動で一安心。
ノートPCは5年落ちのDELL Inspiron6400 でクローンSSDに交換しこれまた一発起動でした。またSSDに換装した為、Windows起動、アプリケーション起動の体感速度が飛躍的に向上しました。また消費電力も若干改善したようです。

ひと段落しましたのでブログ更新もボチボチ行って行こうと思っています。

<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

テーマ : パソコン初心者
ジャンル : コンピュータ

PCマザーボード交換修理

またまた本業の忙しさにかまけて更新が滞ってしまいました。実はその間にシミュレーション計算に使っているAMD6コア XPマシンがクラッシュしてアタフタ。仕事を止める訳にはいかないので中古のデュアルコアXPマシンを急遽購入し仕事の方は何とか対処出来ました。

6コアPCは購入店で色々見てもらいましたが具体的不具合箇所は特定できず、マザーボードを新品に交換する事で安定しました。この間約10日、御苦労さまでした。

<不具合現象>
-初期:使用途中で突然フリーズ、電源強制終了にて復帰(気まぐれ)
-故障前:Windows立ち上げのあらゆる場面でフリーズ
-以前に用意しておいたクローンHDDに交換しても状況変わらず(HW不具合らしい)
<修理店作業>
-電源を新品に交換し一時的に改善、但し負荷テストで再NG
-修理テストベッドの部品(良品と想定して)を逐一交換テスト
-結局マザーボードと言う事になり旧型番だった為新型番品を取り寄せOKとなる
<出費>
緊急購入デスクトップ→DELL Dual-Core 3GHz (20,000円)
マザーボード→(7,000円)
修理工賃→(3,000円)

現在は修理した6-Core PCで順調に作業出来ます。シミュレーションソフトは分散処理していますので購入したDual-Coreでは計算時間が3倍ほどかかりますが一応今回の様な緊急事態に備えたレスキューPCとして仕方がないかなと言った所です。

<追記>
暫くブログ更新を暫く休んでいると、いつもウォッチして頂いている友人の皆さまから「身体は大丈夫か?」と言う御心配のメールを頂くことがあります。そろそろ何時逝っても良い年代になって来ましたので「アイツ死んだのか?」なんて噂が立たない様、更新に努めなければならない今日この頃です。

<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

テーマ : パソコン初心者
ジャンル : コンピュータ

上信電鉄

<上信電鉄>シマウマ電車と田舎の駅、遠景は妙義山


休日に所用があり久しぶりに上信電鉄に乗りました。普段は車で動くのですが、たまにはローカル電車も味があって良いものです。

直線線路では結構なスピードで走りますが、座席に座った尻がポンポン跳ねるほど振動が激しいのには驚きました。

乗客は丁度下校時間だった為か、沿線の高校生が多かったのですが、立っている乗客はほとんどいない程の状態でした。

以前、終電に近い電車に乗った時には、2両編成の電車に乗客は筆者一人と言うこともあった様な気がします。沿線の住民も運転免許が取れる年齢になると皆自家用車を購入し利用客は高校生か老人ばかり。公共交通機関としての使命を果たすために廃線にするわけにも行かず、県から補助金が出ているにも関わらず、距離あたりの運賃が全国一高額だという余り自慢にならない記録も在るようです。

私はイアフォンでエリック・クラプトンを聞きながら沿線の景色を懐かしく眺め、久々にのんびりした時間を過ごせました。

<田舎の駅舎>上り方面
station_02.jpg

<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ


テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

散歩

図書館近くの城址公園おほり


日々の忙しさにかまけて、大分ブログの更新が滞ってしまいました。

そこで思い切って久々に図書館まで行き記事を何本か書きためましたので順次アップしていくつもりです。

図書館までは片道徒歩30分で、往復歩くと約4kmの距離になります。

筆者は若干血糖値が高く、掛り付けの医者から血糖値をコントロールする薬を処方してもらっているのですが、運動に勝る治療法は無いと言われており、日常的なウォーキング運動などが最適だそうです。

血液検査をしてみると、血糖値の数値以外の結果は全て正常値以内で、医者からはこんな患者は珍しいとからかわれていますが、多分遺伝的なものだという事です。

先日、東京方面に出張に出掛け、階段の昇り降り等で日頃の運動不足を思い知らされ、少し涼しくなってきたので以前励行していた一日一時間のウォーキングに励むつもりです。

ブログ更新も定期的に実施して行かなくてはね。

<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

蒸気機関車D51・C61同時発車

C61・D51並走(高崎駅発車直後)
sl_02.jpg
手前がC61、奥がD51

10月5日(日)午前、近所のJR高崎駅で、JR高崎支社が動態保存してある懐かしい蒸気機関車(SL)の同時発車が行われましたので散歩がてらに見物してきました。

C61が牽引するのは、普段は磐越西線を走る客車「ばんえつ物語」6両で、列車名が「ググっとぐんま みなかみ号」上越線水上行きです。

D51は懐かしい「旧型客車」6両を牽引し、「ググっとぐんま 碓氷号」信越線碓氷行きです。

両列車とも高崎発9時56分で、発車後約1km並走し、信越線は大きく左にカーブし安中、碓氷方面へ、上越線はほぼ直進し新前橋方面に向かいます。

従ってSLが並走する珍しい姿をカメラに収められるのはその1kmの間だけで、沿線には台風を予兆させる強い雨にも拘わらず大勢の鉄道ファンが三脚を立てて撮影していました。

ちなみに筆者の写真は携帯電話カメラで撮影したものですので、画質に関してはご容赦ください。

高崎駅ホーム入線を待つSL
sl_01.jpg

入場券を買って高崎駅のホームまで行ってみましたが、予想通り高級そうなカメラを構えた鉄道ファンが大勢SLのホーム入線を待ち構えていました。

もちろん小学生・中学生ほどの年齢のファンも多いのですが、筆者程のいわゆる会社をリタイアした年齢層と見受けられるファンも大勢いて多少意外でした。

多少雨に濡れましたが良い散歩ができた一日でした。

<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

RFD-Lab管理人

Author:RFD-Lab管理人
―――――――――――――
通信機器の高周波回路・部品の研究開発に携わって来た技術屋のブログです。現在は個人経営の技術コンサルタントを営んでおります。
​―――――――――――――
最近「ドローン」の無線応用技術についてスタディーを始めました。自動配達の為の自律飛行を補助する衝突防止レーダ等、興味深い分野です。
―――――――――――――
​「ドローン」墜落事故が散見される中、現在は「航空法」に依って規制され、ラジコンによる「目視飛行」が許可されている様ですが、安全飛行の為には無線通信の確保が大前提となります。
―――――――――――――
またRFD-Labホームページに掲載した技術解説記事のPDF抜粋も併せて掲載しますのでご興味のある皆さんは参照して下さい。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者(2012年2月15日から)