FC2ブログ

第6話:日本人嫌いの常務

S電子の技術屋と仕事をしていると日本人(日本企業)嫌いな人間が多い。特に常務クラスの技術役員に日本人嫌いな人間が多い事に気づく。S電子の常務は全体で500人以上いると思われ日本企業で言えば部長クラスと言った所か。年齢的には40代後半から50代前半である。

現在この様な人たちが決定権を握っているので日本の部品会社、素材会社は営業的に苦戦を強いられる。なぜ日本企業嫌いになったかを考えてみると以下の様な事が推察される。

今でこそ例えば携帯電話部品は韓国国内で内製化できる様になり、またS電子自体も世界に冠とする大企業となったが、携帯電話黎明期の十数年前はそうでは無かった。主要部品は殆ど日本企業の供給に頼らざるを得なく、また見方を変えれば完全に部品会社の売り手市場だった。そんな中で当時担当課長クラスの彼らはなんとか日本企業に頭を下げマネージメントし業績を拡大していったのだろう。

韓国内では頂点をなすS電子の従業員は超エリートであり、また部品供給業者は家来だと思っている彼らが家来に頭を下げるなどと言うことは相当の屈辱でありストレスだったのではないか。多分当時の日本業者は、売り手市場でもあり韓国顧客に対し横柄な態度をとった事もあるのではないか。

日本人の感覚からすれば、仕事の為には下請け業者であろうと頭を下げるのも当然だと考えるのが普通だが、韓国社会の中では考えられない様である。

円満な取引関係を築こうと思ったら決して彼らのプライドを傷つけてはならない様だ。

<よろしければポチポチポチっと応援を>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

第7話:「k次長、韓国語上手ですね!

S電子日本研究所は基本的に韓国本社研究所の傘下にあり運営されていた。しかし研究開発予算は自動的に年間予算として計上される訳ではなく各プロジェクト毎に研究課題提案し承認された上で予算化される仕組みになっていた。従って黙っていても人件費も含め予算は降りないので毎年韓国本社が欲しがる様な研究課題を創出しなければならず私の様な研究室マネージャーは年度末になると十数人の部下の生活も考え胃が痛くなる毎日が続くのであった。

基本的には韓国研究所を研究課題を補完する様な形で日本が得意な技術を日本研究所で実施していく方針で比較的うまく行っていた。韓国研究所傘下には日本以外にも、中国、インド、ロシア、米国等に海外研究所等を抱え、例えばロシア研究所を例にとれば、大学教授クラスの技術者の人件費が当時で年間200万円程度であった事を考えると日本研究所は健闘していたと言えるかも知れない。

さて、韓国研究所との円滑な業務遂行の為には頻繁な技術打ち合わを実施し、研究課題の補完関係を構築する事が重要で当時は最低でも月一回は現地に出張し打ち合わせを実施していた。

ある時k次長も同伴して打ち合わせをしていた時のことである。

まず私が韓国語で技術的な内容について話した後、k次長がプロジェクト全体について話した。打ち合わせはうまく終わり、最後に韓国人の打ち合わせ相手がこう言った。

「k次長、韓国語が上手ですね、どこで習いましたか?」

k次長は一瞬呆気にとられた後照れ笑いをしながら「私韓国人ですから~」その後皆で大笑いしたことは間違いない。

k次長は韓国でも南側の慶尚南道(キョンサンナムド)という所の出身である。韓国南側の地域出身の人には顔つきを見ても日本人と見分けられない人が多い様であるし、韓国でも有名な訛りがあるらしい。ちなみにこの地域は紀元4世紀ころ伽耶国が存在し、伽耶国にはヤマト朝廷の出先機関である伽耶日本府がおかれたと日本書記等にも記され、日本の軍事的、経済的影響力が大きかったと見られているらしい。

その後酒の席でも何度かその話題をすると、決まって照れ笑いを浮かべ、さらに顔を赤らめるk次長であった。

<よろしければポチポチポチっと応援を>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

第8話:紳士なL首席

S電子日本研究所は韓国本社研究所の傘下にあり主に本社研究所で遂行される研究課題を補完する形で運営されていた。当時本社研究所にはL首席研究員と言う人物がおり、彼の取り計らいで、私の研究室の研究課題の設定に大変お世話になった。彼は本社研究所で新しい通信システムの研究開発を推進するグループリーダーであり、20名近くの部下を抱えて頑張っていた。

さて、L首席はいわゆる紳士であった。物腰や話し方も柔らかく、身なりもいつも品の良い物を身につけ、しゃれたネクタイを締めている。韓国語にも「紳士」はあり「シンサ」と発音する。しかし私の見た彼の紳士ぶりは日本人的に見た紳士そのものであったのだ。そんな訳で彼は部下からの受けもよく信頼されていて私も好きな人物の一人であった。

仁川空港が開港した頃だったと記憶している。ある日私は部下を伴い大韓航空の成田・仁川便に搭乗予定であり出発ロビーで搭乗開始の案内を待っていた。突然誰かが私に声を掛けL首席が近づいて来るではないか。別件で日本企業を訪問して同じ便での帰りと言うことだ。「いやあ偶然ですね」と挨拶を交わして彼と別れた。

確か午後2時頃の便であったと思う。まもなく航空機点検に手間取り少し出発が遅れるとのアナウンスがあったが、我々は一時間程度の遅れは我慢しようとあきらめていた。

次のアナウンスで航空機部品の不具合が発見され羽田から取り寄せ修理後に出発すると言うことになり結局出発は午後9時半頃となってしまったが、我々の予定は明日からの技術打ち合わせなので、今日中に韓国入国できれば上々だと高をくくり読書三昧で時間を過ごした。

航空機修理や搭乗開始を待っている間、搭乗口付近に韓国人と思われる乗客たちが大勢集まり、口々に大声で航空会社職員に詰め寄っているのが見えた。我々は世界各地で韓国人搭乗者が飛行機遅延の度に集団で騒ぐということをニュースで知っていたので、「またか」と言う感じで気にもとめなかった。

飛行機は午後11時半頃無事仁川空港に到着した。この時間ならホテルまではタクシーしかないかと歩き始めたところ、例のL首席がニコニコしながら万ウォン札を握り締め走って来るなり「航空会社から3人分のタクシー代をせしめましたから一緒に行きましょう」と言うではないか。

「紳士」の彼がそんな行動をするなんてと多少動揺し、日本人ならよほどのクレーマーで無い限りそんな行動はしないなあと思いつつ車中の人となったのである。

L首席が取った突然のクレーマーぶりに驚きその夜は多少寝付きが悪かったが、結局L首席はやはり「紳士」ではあるが、本日の彼の行動は彼本人の人格の現れでは無く、韓国人すべてが持つ韓国標準なのだと自分を納得させて眠りに付いたのである。

<よろしければポチポチポチっと応援を>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

第9話:トクト(竹島)はどの国の領土?

L電子中央研究所の技術顧問をしていた時の話である。仕事が終わってから何かの会食があり私が所属するグループ全員が研究所近くの「サムギョプサル」の店に集まった。

ちなみに「サムギョプサル」は豚肉の薄切りの焼き肉で傾斜した鉄板を使い脂身の脂を落としながら焼く。サンチュや胡麻の葉、細切りのネギなどを添えて味噌や塩油をつけて食す。なかなか美味で健康的であるし、また牛肉よりもかなり安価なので若者達の会食などによく利用されている様だ。

さて、てんでに韓国焼酎などを飲みながら宴もたけなわ、若い技術者が二三人集まりこそこそ何か相談をしたと思うとそのうちの一人が少し意地悪そうな目つきで私に話しかけてきた。

「顧問、トクト(竹島)はどの国の領土ですか?」

突然の不躾な質問に少しムッとした私は少し声を張り上げて答えた。

「私は日本人だから竹島(トクト)は日本の領土だと認識している。第二次大戦後、韓国のイ・スンマン(李承晩)大統領が武力で強制占領した日本領土だ。その時には日本の漁民が40人位射殺されたと聞いている」

と堂々と答えた。さらに「領土問題は国家間の問題であり個人の認識とは関係ないだろう」と続けると彼は面目を失いコソコソと他の席に移ってしまったのである。

ホテルに帰り先ほどの不躾な質問を思いだし少し考えて見た。

たとえば日本の職場で同僚に、あなたの信じている宗教は何ですか?とか支持政党は何ですか?等の質問は一般的にしない。なぜならそれは極て個人的な思想信条で、同じ会社の利益を同じ目的とする同僚間では関係ない事柄だからである。寧ろそういった質問は意識的に避けて通るのが常識だといえるだろう。

韓国社会の特質として、国家、社会、企業等に属する個人に全人格的同一性を求める性質があるのかもしれない。最近ネットで見かけるニュースを見ても、日本のバラエティーでよく見かけた女性コメディアンのチョ・ヘリョンの場合が良い例だ。彼女は日本の番組で君が代斉唱場面で拍手をしたという事だけでバッシングを受け国民(?)に謝罪し活動自粛に追い込まれた。また同様にkポップ少女グループの一員も日本TV番組で「キムチ」の発音が日本式だったと言うだけで同じくバッシングされ謝罪したと言う。

自分達の社会を構成する全ての個人の思想・信条に同一性を求め些細な失敗を許さない韓国社会とは本当の民主主義国家なのだろうか?

おそらくL電子の彼らは今日の会食で私が同じ職場で働く同僚として「トクト(竹島)は勿論韓国領土です。日本政府はすぐに教科書を改めるべきですよ」と回答するのを期待していたのだろう。

翌日研究所に出勤し、昨日までとは少し違う冷たい視線に背筋が寒くなるのであった。

<よろしければポチポチポチっと応援を>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

第10話:発明者が勝手に増えてます!

S電子日本研究所時代のある日の出来事である。部下のM君が

「主席、特許の発明者が勝手に増えてます」 とあわてて飛んできた。

事情を聞いて見ると、元々我々が日本出願した特許を韓国研究所が韓国出願し、その際に発明人に勝手に彼らの名前を追加して出願してあったのをネットで発見したと言うのだ。

S電子研究所では韓国でも日本でも研究開発の実績として研究論文発表と特許出願をとても重視していた。我々も有効と思われる考案については時間的な優先権を重視し先ず日本で特許出願する事にしていた。その後研究開発成果の一部としてクライアントである韓国研究所に出願権は譲渡される事になっており、韓国研究所側でどの国に出願しようと問題は無い。外国出願された場合は勿論出願の優先権は元々の日本出願の日時が優先される。

問題は出願の発明者名である。発明者欄に記載される名前はその発明考案を実際に成した人物名であり、発明者本人の名誉なのである。発明実施の権利を会社として譲り受けても発明者の名誉は犯してはならないのは常識である。発明が登録されれば発明者本人に立派な証明書を送付してくれる国もある程だ。

おそらく韓国研究所の連中が自分達の実績を水増しする目的で発明者に勝手に自分達の名前を追加したのだろう。百歩譲って、発明者に我々の名前も加えても良いかと頭を下げられれば渋々納得する事もあるが、無断で行うとは厚顔無恥も甚だしいのである。

早速駐在員マネージャーのK次長を呼んで事情説明し、他人の物は自分の物と言う考えは韓国標準なのかと問いただすと、彼は顔を真っ赤にして恥入り早速厳重に抗議するといってくれた。

彼が恥入ったのは同じ韓国人の厚顔無知な行動に恥入ったのかは定かではないし、その後韓国側とどの様なやりとりが有ったのかも定かでは無い。

<よろしければポチポチポチっと応援を>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
プロフィール

RFD-Lab管理人

Author:RFD-Lab管理人
―――――――――――――
通信機器の高周波回路・部品の研究開発に携わって来た技術屋のブログです。現在は個人経営の技術コンサルタントを営んでおります。
​―――――――――――――
最近「ドローン」の無線応用技術についてスタディーを始めました。自動配達の為の自律飛行を補助する衝突防止レーダ等、興味深い分野です。
―――――――――――――
​「ドローン」墜落事故が散見される中、現在は「航空法」に依って規制され、ラジコンによる「目視飛行」が許可されている様ですが、安全飛行の為には無線通信の確保が大前提となります。
―――――――――――――
またRFD-Labホームページに掲載した技術解説記事のPDF抜粋も併せて掲載しますのでご興味のある皆さんは参照して下さい。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者(2012年2月15日から)