FC2ブログ

ライク・ア・ローリングストーン



ボブ・ディラン:ウィキペディア抜粋
ボブ・ディラン(Bob Dylan、1941年5月24日 - )は、アメリカのミュージシャン。出生名はロバート・アレン・ジマーマン(Robert Allen Zimmerman)だが、後に自ら法律上の本名もボブ・ディランに改名している。

「風に吹かれて」、「時代は変る」、「ミスター・タンブリン・マン」、「ライク・ア・ローリング・ストーン」、「見張塔からずっと」、「天国への扉」他多数の楽曲により、1962年のレコードデビュー以来半世紀にわた
り多大なる影響を人々に与えてきた。現在でも、「ネヴァー・エンディング・ツアー」と呼ばれる年間100公演ほどのライブ活動を中心にして活躍している。

グラミー賞やアカデミー賞をはじめ数々を受賞し、ロックの殿堂入りも果たしている。詩人としてノーベル文学賞にノミネートされ、2008年には「卓越した詩の力による作詞がポピュラー・ミュージックとアメリカ文化に大きな影響与えた」としてピューリッツァー賞特別賞を受賞した

Like A Rolling Stone : Bob Dylan

Once upon a time you dressed so fine
You threw the bums a dime in your prime, didn't you
People'd call, say, "Beware doll, you're bound to fall"
You thought they were all kiddin' you
You used to laugh about
Everybody that was hangin' out
Now you don't talk so loud
Now you don't seem so proud
About having to be scrounging for your next meal.

How does it feel
How does it feel
To be without a home
Like a complete unknown
Like a rolling stone

You've gone to the finest school all right, Miss Lonely
But you know you only used to get juiced in it
And nobody has ever taught you how to live on the street
And now you find out you're gonna have to get used to it
You said you'd never compromise
With the mystery tramp, but know you realize
He's not selling any alibis
As you stare into the vacuum of his eyes
And say do you want to make a deal

How does it feel
How does it feel
To be on your own
With no direction home
Like a complete unknown
Like a rolling stone
You never turned around to see the frowns on the jugglers and the clowns
When they all come down and did tricks for you
You never understood that it ain't no good
You shouldn't let other people get your kicks for you
You used to ride on the chrome horse with your diplomat
Who carried on his shoulder a Siamese cat
Ain't it hard when you discover that
He really wasn't where it's at
After he took from you everything he could steal.

How does it feel
How does it feel
To be on your own
With no direction home
Like a complete unknown
Like a rolling stone

Princess on the steeple and all the pretty people
They're drinkin', thinkin' that they got it made
Exchanging all precious gifts
But you'd better take your diamond ring, you'd better pawn it babe
You used to be so amused
At Napoleon in rags and the language that he used
Go to him now, he calls you, you can't refuse
When you got nothing, you got nothing to lose
You're invisible now, you got no secrets to conceal.

How does it feel
How does it feel
To be on your own
With no direction home
Like a complete unknown
Like a rolling stone

<筆者評>
日本でヒットした「風に吹かれて」も良いのですが筆者はこの「ライクアローリングストーン」が一番気にいっています。その後のミュージックシーンン・ミュージシャンに大きな影響を与えた楽曲です。

<よろしければポチポチポチっと応援を>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

ワン(One)



メアリー・J. ブライジ:ウィキペディア転載
メアリー・J. ブライジ(Mary Jane Blige、1971年1月11日 - )は、アメリカ合衆国の女性R&B歌手。クイーン・オブ・ヒップホップ・ソウルと称される。
『ザ・ブレイクスルー』と題せられた7作目のスタジオ・アルバムを2005年末にリリース。アルバムからのリードシングル「ビー・ウィザウト・ユー」は総合シングルチャートBillboard Hot 100で最高位3位、Hot R&B/Hip-Hop Songsチャートでは15週連続で1位を記録する大ヒットとなった。アルバムはR&BアルバムとビルボードTop200アルバムチャートともに一位でデビューし、発売1週間で驚異的な72万7000枚を販売した。アルバムでは1991年のU2のヒット曲、「ワン」のカバーをボノとともにデュエットしている。 リリース以来、アルバムは米国内で300万枚以上を販売。

<筆者評>
U2も好きで良く聞きますがOneに関してはこのメアリー・J・ブライジのフィーチャードU2バージョンのR&Bアレンジバージョンの方が躍動感があり、また彼女の抜群の歌唱力と相まって歌詞がストレートに伝わります。
いや~かっこいいですね~!!!

<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

ハーフ・ア・マン



ウィリー・ネルソン(Willie Nelson、Willie Hugh Nelson、1933年4月30日-):ウィキペディア抜粋
アメリカのシンガーソングライター、俳優。カントリー界の大御所。テキサス州出身。ベイラー大学中退。1950年代から音楽活動を始める。当初はカントリー・ミュージック・ミュージシャン、作曲家としての仕事が主だった。1960年代後半のヒッピー・ムーブメントに強い影響を受け、同時にさまざまな音楽性を吸収する。

1975年のシングル「雨の別離」(原題:Blue Eyes Crying in the Rain)は、ビルボード誌のカントリー・チャートで1位を獲得し、グラミー賞のベスト・カントリー・ボーカル(男性)部門を受賞。1970年代半ばからはウェイロン・ジェニングスをパートナーとして活動するようになり、数々のヒットを放つ。独特の鼻にかかった歌声、保守的なカントリー界にあってヒッピー的なスタイル、雑多な音楽性は異彩を放ち、保守的な従来のカントリーの主流だったナッシュビルからは異端児と見られ、彼の音楽は「アウトロー・カントリー」と呼ばれた。

ウィリー・ネルソンといえばポップなカントリーの象徴と見做されることも多いが、フォークやロックのミュージシャンとの交流に見られるようにクロスオーバーな活動を続けたことにより、多くのミュージシャンからの尊敬を集めている。

Half a man:Willie Nelson

If I'd only, had one arm to hold her
Better yet if I had none at all
Then I wouldn't have two arms that ache for her
And there'd be one less memory to recall

If I'd only had one ear to listen
Oh, to the lies that she told to me
Then I would more closely resemble
The half a man that she made of me


And if I had born with but one eye
Then I don't leave, have one eye to cries
And if half my heart turned to ashes
Maybe half of my heartaches would die

If I'd only had one leg to stand on
Then a much truer picture she'd see
For then I more closely resemble
The half a man that she made of me

The half a man that she made of me

<筆者評>
昔ハワイに遊びに行った際に買い求めたウィリー・ネルソンのCD「Half a man」に収録されたタイトル曲で思い出深い一曲です。同CDは米国のポピュラー音楽界の各有名プレイヤーとウィリー・ネルソンのデュオが収録されていますがこのジョージ・ジョーンズとのデュオは特に味わい深く、音楽ジャンルを超えた逸品で筆者のお気に入りです。

<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Get Up Stand Up



ボブ・マーリー(Bob Marley):ウィキベディア転載
ボブ・マーリー(Bob Marley)、1945年2月6日~ 1981年5月11日、出生名ロバート・ネスタ・マーリー Robert Nesta Marley)は、ジャマイカのレゲエミュージシャン。その音楽はラスタファリ運動の思想を背景としており、彼の音楽と思想は数多くの人々に多大な影響を与えた。(以下略)

Get Up Stand Up : Bob Marley

Get up, stand up: stand up for your rights!
Get up, stand up: stand up for your rights!
Get up, stand up: stand up for your rights!
Get up, stand up: don't give up the fight!

Preacherman, don't tell me,
Heaven is under the earth.
I know you don't know
What life is really worth.
It's not all that glitters is gold;
'Alf the story has never been told:
So now you see the light, eh!
Stand up for your rights. Come on!

Get up, stand up: stand up for your rights!
Get up, stand up: don't give up the fight!
Get up, stand up: stand up for your rights!
Get up, stand up: don't give up the fight!

Most people think,
Great God will come from the skies,
Take away everything
And make everybody feel high.
But if you know what life is worth,
You will look for yours on earth:
And now you see the light,
You stand up for your rights. Jah!

Get up, stand up! (Jah, Jah!)
Stand up for your rights! (Oh-hoo!)
Get up, stand up! (Get up, stand up!)
Don't give up the fight! (Life is your right!)

Get up, stand up! (So we can't give up the fight!)
Stand up for your rights! (Lord, Lord!)
Get up, stand up! (Keep on struggling on!)
Don't give up the fight! (Yeah!)

We sick an' tired of-a your ism-skism game -
Dyin' 'n' goin' to heaven in-a Jesus' name, Lord.
We know when we understand:
Almighty God is a living man.
You can fool some people sometimes,
But you can't fool all the people all the time.
So now we see the light (What you gonna do?),
We gonna stand up for our rights! (Yeah, yeah, yeah!)

So you better:
Get up, stand up! (In the morning! Git it up!)
Stand up for your rights! (Stand up for our rights!)
Get up, stand up!
Don't give up the fight! (Don't give it up, don't give it up!)
Get up, stand up! (Get up, stand up!)
Stand up for your rights! (Get up, stand up!)
Get up, stand up! ( ... )
Don't give up the fight! (Get up, stand up!)
Get up, stand up! ( ... )
Stand up for your rights!
Get up, stand up!
Don't give up the fight!

<筆者評>
特に疲れた時、珈琲を落としてタバコを一服しながら聴くのです・・・
「Get Up Stand Up」 のリフレインが何だか呪文のように身体に沁み込んで疲れを癒してくれます。

<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

I WILL ALWAYS LOVE YOU


ドリー・パートン:ウィキペディア転載
ドリー・レベッカ・パートン(Dolly Rebecca Parton, 1946年1月19日 - )はアメリカ合衆国のシンガーソングライター、女優。 カントリー・ミュージックの第一人者であり、グラミー賞受賞者。女優兼モデルのジュリア・パートンは従姉妹。
映画『9時から5時まで』の主演および同名のテーマソング『9時から5時まで』、映画『マグノリアの花たち』で有名。
ビルボードのカントリーチャートで26曲が1位を獲得。1974年には「オールウェイズ・ラヴ・ユー」でカントリーチャート1位を獲得。この曲はのちにホイットニー・ヒューストンにカバーされ大ヒットしたが、ドリーの曲はあくまでカントリー曲そのものである。
<筆者評>
映画「ボディーガード」の挿入歌として大ヒットしたホイットニー・ヒューストンのカバーが有名ですが、筆者は原曲のカントリーバージョンが好みです。ドリーの少し鼻にかかった歌声と独特の「カントリーこぶし」が良いですね~。

<ポチポチポチっと応援して頂けると励みになります!!>


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

RFD-Lab管理人

Author:RFD-Lab管理人
―――――――――――――
通信機器の高周波回路・部品の研究開発に携わって来た技術屋のブログです。現在は個人経営の技術コンサルタントを営んでおります。
​―――――――――――――
最近「ドローン」の無線応用技術についてスタディーを始めました。自動配達の為の自律飛行を補助する衝突防止レーダ等、興味深い分野です。
―――――――――――――
​「ドローン」墜落事故が散見される中、現在は「航空法」に依って規制され、ラジコンによる「目視飛行」が許可されている様ですが、安全飛行の為には無線通信の確保が大前提となります。
―――――――――――――
またRFD-Labホームページに掲載した技術解説記事のPDF抜粋も併せて掲載しますのでご興味のある皆さんは参照して下さい。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者(2012年2月15日から)